知識・お役立ち

ウミノミに毒はある?特徴や日本にも生息しているか調査!

投稿日:2017年8月8日 更新日:

Pocket

 

どうもです!

 

海外での痛々しいニュースがありました。

 

なんでも、16歳の少年が海水浴をしている最中に「ウミノミ」という生き物に刺されて、

両脚から出血が止まらない被害にあったそうです。

 

ウミノミって聞いたことないんですが、どんな生き物なんでしょうか?

 

刺されて血が止まらないっていうことは、人体に影響のある毒を持っていそうです。

 

日本にもいないか心配ですよね。

 

今回は、ウミノミについて詳しく調査します!

 

スポンサーリンク

ウミノミの特徴は?毒はあるの?

 

ウミノミなんて聞いた事がない生き物ですが、名前の通り「海に住んでいるノミ」なんです。

 

ペットや野生の動物に寄生して血を吸うあれです。

 

どうぶつの森で言えば、住人の体からピョコピョコ飛んでいて、虫網で捕まえられるあれです。

 

ノミということで、体長は2mmほどと小さいのですがこいつは肉食性なんです。

 

血を吸うついでに肉も食おう!なんて横着な奴ですねw

 

しかも、血を吸う際に「抗凝結物質」という簡単に言えば血を固まりにくくしたりカサブタを作りにくくする物質を出します。

 

海中でウミノミに1匹でも血を吸われたら、とんでもない数の仲間が寄ってくることになります。

 

今回被害にあわれた16歳の少年も両脚にかまれた跡が何千か所もあったそうです。

 

ウミノミだけなら何とかできそうですが、血の匂いにおびき寄せられてサメが襲ってくることもあるかもしれません。

 

海外の海には入りたくないですね。

 

ちなみに、ウミノミの動画がありましたが気持ち悪すぎるのでリンクだけ載せて置きます。

 

閲覧注意です!!

 

こちらからどうぞ。

 

※追記:該当の動画は削除されてしまいました。

 

気になる毒性ですが、ウミノミは毒を保有していないようです

 

ウミノミにかまれたり刺されたりして血が止まらないとしても、

先ほど説明させていただいた血を固まりにくくする物質のせいですので、

毒を体内に送り込まれているという訳ではないようです。

 

考えようによっては毒な気もしますが…

 

もウミノミの被害にあわれたら、すぐに陸に上がり病院に行くなどの処置をしたほうがよさそうですね。

 

日本にも生息しているの?

 

結果から言うと、ウミノミの一種は日本にも生息しています。

 

管理人は北海道に住んでいますが、砂浜に打ち上げられたコンブの下とかにウヨウヨいます。

 

しかもめっちゃ飛び跳ねますw

 

ヨコノミ」とか「ヨコエビ」という名前で知られています。

 

大きさはそれほどではありません。

 

海岸線に生息するヨコノミは主に海藻類を食べていますが、雑食性なので肉にも反応を示すようです。

 

しかし、沖合の海底に生息するものは強い肉食性があるそうで、

網を仕掛けても魚が食べられてしまうなんてこともあるそうです。

 

しかも結構デカくて気持ち悪いです。

 

画像はこちらからどうぞ。

 

管理人が子供のころは「ヨコノミは血を吸うから気を付けろ」と教えられたことがあったような、

無かったような気がします。

 

結局のところ、日本にもすでに生息していましたね…

 

海岸にいるのは肉食性が弱いそうですが、注意は必要です。

 

といっても、結構どこにでもいるので心配な方は海に入らないのが一番だと思います。

 

最後に

 

今回はウミノミについて調査していきました。

 

毒性はなかったですが、かまれたり刺されたりすると血が止まらなくなる物質を体内に送り込まれてしまうんですね。

 

しかも日本にはすでに生息しています。

 

ウミノミによる被害自体は少ないようですが、何が起きるのかわからないですね。

 

なんか海に近づきたくなくなっちゃいました…

 

それでも、海は好きなんで遊びに行くんですけどねw

 

今年からはクラゲやサメだけでなく、ウミノミにも注意しするようにしましょう!

 

ちなみに、海のノミではなく、陸のマダニのほうが危険なんです!

 

今日のシェアポイントはこちら!

 

   ⇨ウミノミに毒性はないが、日本に生息してる!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.