知識・お役立ち

ため息の原因はなに?止める方法や対策と意外なメリットとは...

投稿日:2018年2月2日 更新日:

Pocket

色々な場面でため息が出る事ってありますよね。会社で仕事をしていてストレスを感じたときや寝起きにもため息をこぼしてしまう事もあります。

「ため息をすると幸せが逃げる」なんていうくらいにイメージが悪い訳ですが、そもそもどういったことが理由で溜息が出てしまうのでしょうか?

また、意外にもため息にはメリットがあって実はいい効果もあるみたいですね。

今回は、ため息が出る原因と止める方法、対策やため息をつくことで起こるメリットやデメリットなどについて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ため息が出る原因は?どういったことが原因で溜息が出るの??

ため息は貧乏ゆすりと並んで嫌われる仕草と言われていますが、何が原因で出てしまうのでしょうか?

溜息が出てしまう理由としては大きく分けて二つあり、脳の酸欠状態を解消しようとしているのと自律神経のバランスを調整しようとしているのが原因とされています。

緊張状態で浅くなってしまった呼吸して、酸欠状態を解消するために体が勝手にため息をつくこともあるんですね。

そして、自律神経には緊張してしまう交感神経とリラックス効果のある副交感神経があり、交感神経が強く働いていると緊張とリラックスのバランスをとるために溜息が出るようです。

他にも、更年期や恋愛の悩みからため息をついてしまったり、わざと振り向いてもらうためなどもため息が出てしまう原因になります。好きな女性にわざとため息をついて話かけてもらおうとするのって男性なら一度は経験があるのではないでしょうか(笑)。

話が変わるのですが、子供が親に興味を持ってもらいたいという気持ちからため息をする仕草ってかわいくないですよね!猫と遊んだ後にフーとため息をつく仕草にもときめいたりしてしまいます(´艸`*)

ため息が出る理由をまとめてみると、心理状態などの体の働きを良くしようとするのが原因でしたね。

 

ため息 溜息 止める方法 原因 理由 対策 メリット デメリット 嫌 

 

ため息にはメリットとしていい効果も!しかしデメリットもある...

実はため息には以外にもメリットがあるってご存知でしたか?

ため息が出る原因でも書かせていただきましたが、酸欠状態や自律神経のバランスを整えること以外にも、ストレス発散血流をよくする効果もあるんです。

しかし、メリットだけではなくてデメリットも存在します。ため息ばっかりついている人は周りの人から悪いイメージを持たれてしまう事もありますね。

どうしてもため息=楽しいというイメージではないので、職場の人のため息でやる気が下がってしまうという事は誰でも経験があるのではないでしょうか?

僕自身の経験としては、職場で溜息をついている人がいるとやる気が下がってしまうのもそうですが、それだけで疲れてしまう事もありました…。

話題を振るきっかけとして、ため息で聞いてほしいアピールをしてくる人もいたりしましたね(笑)。

あまり過度にため息をつく人は僕としてはちょっと嫌でしたが、疲れているのかな?とか悩み事があるのかな?といったサインにもなることってありますよね。

 

スポンサーリンク

 

何度も出てしまうため息の止め方は?効果的な対策方法も!

何度も出てしまうため息を止めたいという人はかなりいると思います。幸せが逃げてしまうなんて言われているくらいですからね。

そこで効果的な止め方や対策として、ため息と見せかけて深呼吸に変えるというのがおすすめです!他にも、ため息1回ごとに貯金をするという対策法もオススメですよ(*'ω'*)

しかし、止め方や対策法を書いておいてこう言ってしまうのはアレですが、完全にため息を止めようとしても体の自然な反応ですのであまり無理に止める必要はないと考えている人もいます。

むしろ、積極的についたほうがいいという意見の人もいましたね。

無意識に出てしまうため息や、ストレスなどの心理状態で溜息をこぼしてしまいがちですが、溜息が出る原因や止め方、対策方法やメリット&デメリットを理解しておくことも重要なのではないかと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.