ライフ

手足口病の対策と治し方! 症状と感染経路や潜伏期間を調査!

更新日:

Pocket

どうも!yutaです!

これから夏本番ということですが、小さいお子様がおられると食中毒や病気が怖いですね。

暑い時期に大流行しやすい病気があるのですが、ご存じでしょうか?

それは、手足口病という病気なんです!

今日は、手足口病について調査します。

[ad#co-1]

手足口病とその症状は?

手足口病と聞いて、すぐに症状を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

管理人も、テレビや雑誌などで、一度は見聞きしたことがあります。

でも、その詳しい症状は知りませんでした。

まず最初に出る症状は、口の中の痛みです。

口内には白いポツポツとした突起状のものができ、これが手足口病と外見的に判別できる最初の症状となります。

これを覚えておくと、慌てずに対処できる可能性が高いですね!

そして次に現れる症状は、手のひらや手の甲、足の裏、さらに手足の指の間にも白い水疱ができ、最終的には2~3mm程度の水疱性発疹を引き起こします。

ここまでなると、見ているだけでとても辛いですよね。

痛みはあるのでしょうか?

口内の発疹には、痛みやかゆみが多く、手足の発疹には痛みは伴わないという特徴もあります。

感染経路と潜伏期間は?

では、手足口病の感染経路や潜伏期間はどれくらいなのでしょうか?

手足口病は5歳未満の幼児が最もかかりやすい病気だそうです。

そして、その感染経路は保育園など、幼児が集まる場所で集団感染してしまいます。

確かに、幼稚園や保育所はどうしても病気にかかりやすいですよね。

手足口病には、3つの感染経路があります。

その詳しい、感染経路を見てみましょう。

1.飛沫感染

手足口病にかかった子供のくしゃみや咳によって病原体が飛散し、これが他の子の粘膜に付着することで感染します。

子供は、咳やくしゃみをする時も、口を抑えるということはなかなか出来ないですからね。

マスクをするのも嫌がるので、防ぐのは難しいと思います。

2.接触感染

誰かがウイルスのついた手で触れた手すりを触り、その手で目などの粘膜をこするといった間接的な接触での感染です。

これも、遊具や机など共有スペースが多い幼稚園や保育所などでは、防ぐことは難しいですね。

3.糞口感染

トイレの後、手洗いが不充分なままで食べ物を扱うことや、オムツ交換などでの感染になります。

管理人もよく目にするのですが、子供は手を洗ってもハンカチで拭くより衣服で拭いたりしますよね。

これって、逆に菌をばらまく行為になるんです。

ですから、現在は幼稚園や保育所でもハンドドライヤーを置くところが増えているそうです。

潜伏期間

手足口病の潜伏期間は、2日~5日といわれています。

もちろんこの間は症状が出ることはありません。

ですが、菌を保有している状態なので知らないうちに感染が拡大するのも特徴の1つです。

[ad#co-1]

対策方法について!

どのように対処したらいいのでしょうか?

手足口病に限ったことではありませんが、手洗いうがいをし菌を体に入れないということが大切です。

しかし、幼児ですので完全に感染を防ぐのは、難しいです。

ですから、周囲やテレビで手足口病の感染が認められ出したら、手洗いやうがいを徹底し、外出や人と接する度に細やかに行うしか方法がないと思います。

手足口病の治し方・治療方法は?

では、かかってしまった時の治療は、どうしたらいいのでしょうか?

残念ながら、現段階では手足口病の治療薬は存在しないです。

また、予防となる抗ウイルス剤やワクチンもありません。

これには、管理人も驚きました。

現代の医学でも手足口病の薬が無いのですね…

では、もし感染してしまったら、どうやって治療するのかというと、安静を保って治るのを待つしか方法がありません。

手足口病が治るまでには、7日から10日かかると言われています。

ただし、手足口病による水疱を搔き壊してしまった場合には、抗生物質の軟膏が処方されます。

かゆみの症状のある水疱にはカチリと呼ばれる亜鉛軟膏を塗るか、

薬局で市販されている「ムヒ」や「ウナコーワ」でかゆみを抑える対処方法があります。

ここで注意点なのが、ステロイド系の軟膏を使うと、かえってウィルスを増殖させてしまう危険性があるのです!

その理由は、ステロイド系の薬は抗炎症作用とともに、免疫力の抑制の性質を持っているからです。

ステロイド系の軟膏はかゆみや炎症に効果的だと思って使ってしまいがちです。

管理人も非ステロイドより、ステロイド系の軟膏を使って一気に治す方がいいと思っていました。

塗り薬を使う時は、薬剤師やかかりつけ医にちゃんと確認することが大切ですね!

最後に

手足口病やインフルエンザが流行するには、そのウィルスが暑い時期に強いとか寒い時期に強いといった特徴があります。

皆さんもウィルスや菌が流行する季節は、その感染に注目しつつ、手洗いやうがいをこまめに行って、大切なお子さんが苦しむことが少しでも減るようにしたいですね。

今日のシェアポイントはこちら!

   ⇨手足口病に治療薬は存在しない!!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。

[ad#co-1]

こちらもどうぞ!

寒冷じんましんは子供が危険!?プールでの対応と治し方を調査!

お酢ダイエットで健康に! やり方と効果と感想やレビューをまとめました!

頭が悪くなるウイルス「ATCV-1」の 感染経路は? 対策と治療方を調査!

睡眠負債をためない方法と返済方法とは!?育児や夜勤の時はどうなる?

飛蚊症はスマホやパソコンとストレスが原因!?どんな症状なの?

飛蚊症の治療方法と改善方法!?対策と検査方法についても調査!

Sponsored Link

-ライフ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.