2018年・夏ドラマ サバイバル・ウェディング ドラマ

サバイバルウェディング原作ネタバレ!ドラマ最終回の結末が気になる!

投稿日:

Pocket

 

7月から放送されるドラマの「サバイバルウェディング」。

原作は大橋弘祐さんの小説「SURVIVAL WEDDING」となっています。

今回は「原作のネタバレ情報」や「ドラマ最終回の結末を予想」していますのでご注意ください。

ぴよ汰
最後までお付き合いよろしくね~♪

 

スポンサーリンク

 

「サバイバルウェディング」のあらすじ

ではまず「サバイバルウェディング」のあらすじからです。

 

主人公の黒木さやか(波瑠)が見つけたのは自分のものではないパンツ…。

冒頭から「これ私のパンツじゃなんだけど…」という衝撃的なフレーズが飛び出してきます(^^;

というのも、さやかには婚約者の石橋和也(風間俊介)がいて、3か月後には結婚式を挙げる予定だったのです。

 

和也が浮気をしていたのですが、バレた本人は逆切れして婚約破棄を言い渡します…。

結婚に向けて仕事も退職していたさやかは仕事も婚約相手も一瞬で失ってしまいました。

そんなさやかを拾ってくれたのは人気雑誌「riz」の編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)

 

実はこの編集長、かなりの毒舌&ナルシストで「ド」が付くほどの変人です(笑)

一瞬にして人生のどん底に落ちたさやかを拾い、再就職の条件として「半年以内に結婚&結婚までの経緯を雑誌で紹介」を叩きつけます(゚д゚)!

海外の有名ブランドのマーケティング戦略を使って恋愛テクニックを日々みがいていくさやか。

 

半年以内に結婚相手を見つけることができるのか、それとも元婚約者とよりを戻すのか。。。

そんなドタバタなラブコメディが描かれていきます。

ぴよ汰
とりあえず元婚約者のせいで主人公がどん底に落ちたんだねw

 

浮気していた側なのにバレて逆切れ⇒婚約破棄というのはちょっとおかしいですねぇ。

ぴよ汰
本来であれば、された側が婚約破棄を言い渡して慰謝料を貰えるんじゃないのかな?

普通はそうだと思いますけどね、慰謝料に関しては法律に詳しくないので分かりません(^_^;)

 

スポンサーリンク

 

原作小説のネタバレ(※閲覧注意)

まず一番気になるのが「さやかが結婚できるのか?」ではないでしょうか。

結論から言いますとさやかは結婚することができます!

ぴよ汰
じゃあその結婚相手って誰なのかな?

 

さやかが結婚するのはこちら↓の3人の男性のうちの一人です。

 

さやかの結婚相手(候補)

  • さやかの元フィアンセ・石橋和也
  • 人気雑誌「riz」の編集長で毒舌&ナルシストの宇佐美博人
  • 縁があって知り合った広告代理店の年下イケメン・柏木祐一

この3人の中の誰かと結婚します!

 

さやかはフィアンセも仕事も失い、宇佐美に拾われてから忙しい日々を過ごします。

そして、縁があって出会うことができた年下イケメンの柏木祐一(吉沢亮)に、自分の心が惹かれていることを気付きます。

ぴよ汰
仕事上の出会いから恋愛に発展するのかなw

そんな時に元カレの石橋和也が行方不明になったと、和也の友達から連絡が入ります。。。

 

正直に言って関わりたくないさやかでしたが、突然目の前に和也が現れて「さやかじゃなきゃダメだ、俺が悪かった」と言って謝ってきます。

結婚を目の前にして、自分の本当の姿を知られることが怖かった和也は「自分をよく見せようとしていた」ことや「浮気相手には本当の自分を見せることができた」と告白します。

ぴよ汰
浮気することで自分の気持ちを和らげてたわけだ

 

実は和也が働いている会社では、かなりの規模のリストラがされていて、和也は違う子会社で働くことが決まっていました。

ぴよ汰
それで浮気相手の女性が逃げていったってことなんだねぇ

その女性がいなくなったことで、さやかの大切さがわかったのでしょうね。

 

しかし、さやかが和也と付き合っていた頃を思い出すとケンカばかりしていました。

自分の思いばかりを口に出す和也、そして和也の気持ちを本当に理解してなかったさやか。

尽くしているのに愛してくれない、もっともっと優しくしてほしい、そういう思いから結婚することで縛ろうとしていたことに気づきます。

 

和也には「和也なら何とかなる、大丈夫!」といってその場を離れます。

そして和也とさやかの関係は終わりを迎え、さやかは「祐一のことをもっと知りたい!」と思うようになりました。

ぴよ汰
これは祐一との結婚が待ちどおしい感じだね!

 

スポンサーリンク

 

プロポーズされた相手との結論は?

さやかは祐一と過ごすようになってプロポーズを受けました。

しかし、プロポーズの内容は「俺についてきてほしい、一緒にインド行こう」でした(゚д゚)!

ぴよ汰
え!まさかのインドに移住!?

 

祐一は自分がやりたいと思っている仕事をインドでしたいと思っていました。

プロポーズされたことは嬉しかったさやかですが、インドには行けないという思いが強くなります。

お互いの思いが食い違ってしまった時、和也との間で感じた「祐一のことをもっと知りたい」という気持ちから、2人は向かい合って話し合います。

 

その結果、祐一はさやかに甘えていたことが分かりました。

さやかがいれば失敗しても慰めてくれる、助けてくれるという依存状態になっていたのです。

そして、インドで生活して仕事が軌道に乗ってから一緒に住めばいいと考えるようになりました。

 

さやかの本当の気持ちは「インドで生活していくのに困るかもしれない。だけど祐一と一緒にインドに行く」というものでした。

祐一がインドでうまくいかなくても自分が養っていく、そんな気持ちを祐一に伝えます。

そうして、さやかと祐一は結婚することを決めたのでした。

 

そして結婚式当日、父親がいないさやかは宇佐美にバージンロードを歩いてもらいました。

どん底にいた状態の自分を拾ってくれて、怒られたり、言い争っていた時も今となってはいい思い出。

さやかは素敵な仲間や結婚相手に恵まれて幸せいっぱいです(´艸`*)

 

ですが、宇佐美は最後まで毒舌でした。

バージンロードを歩いている時、さやかに対して「お前また太ったんじゃない?」といいます。

最後まで編集長のキャラはぶれませんでしたね(笑)

 

それにしても、さやかの「祐一が仕事をなくしても自分が養う」宣言はグッときました!

ぴよ汰
そんな女性がいたらすぐに惚れてしまいそうだよね♪

何はともあれ、お互いの気持ちを確かめ合ってそれでもインドについていくという決断をしたさやか。

そして自分の思いを正直に伝えた祐一のふたりが結婚出来て本当に良かった(´;ω;`)

 

スポンサーリンク

 

ドラマの最終回はどうなる?結末は?

ちょっと駆け足で原作小説「SURVIVAL WEDDING」のネタバレを紹介していきました。

個人的には宇佐美とさやかが結婚するのかな?と思っていたのですが違いましたね。

ぴよ汰
でも編集長と結婚するんじゃね?っていうシーンもたくさんあったよねw

 

ナルシストで毒舌な変人という嫌なヤツなのですが、どうも憎めないというか魅力的なんですよ。

でもやっぱり、宇佐美と付き合う事になったら「いかにも!」ていう感じでもあるんですよねぇ。。。

ぴよ汰
やっぱりさやかと祐一が結ばれるっていう展開が一番いいよね!

 

ここまでは原作小説の結末なので、ドラマではどんな最終回を迎えるのでしょうか?

やっぱり、さやかがどん底から救ってくれた宇佐美と同じように「だれかの力になる」というのがテーマだと思うので、結婚相手はやっぱり祐一でしょうか。

ぴよ汰
「私が養ってあげる」っていうのにたどり着くはずだもんねぇ

 

とはいっても、原作そのままだと結末がすぐにわかってしまいます。

なので祐一ではなくて、和也とよりを戻してインドに行くというのもあり得るかも?

ぴよ汰
浮気したことを許して和也と結ばれるっていうのもあるかもねw

 

それか宇佐美と付き合って結婚してしまうという可能性もあるかもしれませんね!

ぴよ汰
で、二人してインドに新婚旅行に行くとかねw

でもその場合は、さやかのバージンロードを誰が歩くのかっていう事にもなるのかも(^_^;)

 

あくまでも僕の予想ですが、こんな結末もありかもしれませんね(笑)

ぴよ汰
原作をそのまんま映像化するよりは面白そうだねw

 

最後に

ドラマ「サバイバルウェディング」の原作ネタバレや結末については以上となります。

ぴよ汰
原作小説では最終的に祐一と結婚することになってたね♪

ドラマ版ではどんな結末になるのか楽しみで仕方ないですね(´艸`*)

 

波瑠さんや伊勢谷友介さんに、風間俊介さんといった豪華キャストで描かれるこの作品。

他にもたくさんの出演者がいますのでチェックしておくことをオススメします!

 

サバイバルウェディング|キャスト&相関図!あらすじネタバレも!

  7月14日(土)からドラマ「サバイバルウェディング」が放送されます。 今回は、豪華な出演者がたくさん出演するこちらの作品のキャストや相関図などについてご紹介していきたいと思います! &n ...

続きを見る

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ぴよ汰
ありがとうございました~☆

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-2018年・夏ドラマ, サバイバル・ウェディング, ドラマ
-, , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.