知識・お役立ち

ホッキ貝の中に透明な棒が!?もやしのような棒の正体は寄生虫なの?

投稿日:

Pocket

 

甘みが強くて歯ごたえのあるホッキ貝(北寄貝)、おいしいですよね~。

ぴよ汰
あのコリコリした食感がたまらないんだよね!

そんなホッキ貝を食べようとしたときに「透明な棒」が出てきたことはありませんか?

 

 

もやしのような棒状の物体がホッキ貝の中から出てきたときに「寄生虫なんじゃないか…」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

なので今回はホッキ貝の中にある透明な棒の正体と、危険な寄生虫ではないのかについて詳しくご紹介していきます!

ぴよ汰
最後までお付き合いよろしくね~♪

 

スポンサーリンク

 

ホッキ貝の中にある透明な棒の正体とは...

スーパーや鮮魚店でホッキ貝を買って来ていざ調理しようと思ったら、下の画像のような透明な棒が入っていることがありますよね。

ぴよ汰
ちょっと黄色がかったもやしみたいな棒状の物体だよねぇ

 

引用:http://d.hatena.ne.jp/doublet/touch/20080302/p1

 

この謎の透明な棒の正体は「桿晶体(かんすいたい)」といって、貝が食べたものの消化を助ける役割を果たしている器官です。

例えるなら、胃が「すり鉢」だとしたら桿晶体は「すりこぎ」の様な感じです。

ぴよ汰
あのもやしみたいなのが大事な役割を果たしているんだね!

 

 

からだの一部ですので、決して寄生虫ではありません。

家族や友人と一緒にホッキ貝を食べようとして、透明なもやしの様なものが出てきても「あぁ、これは桿晶体だねぇ」と言って自慢してしまいましょう(笑)。

ぴよ汰
ドヤ顔できる雑学だねw

 

桿晶体は食べても大丈夫なの?

桿晶体はもやしのように見えますが、ホッキの中から出てきたとなると食べて大丈夫なのか心配になってしまいますよね。

ぴよ汰
食べなほうがいいんじゃないかなぁって思っちゃうよねぇ

ですが、基本的に桿晶体はホッキなどの貝類に存在するものですので食べても大丈夫です。

 

 

ちなみに僕が小さいころ、祖母が剥いたホッキ貝のなかにある桿晶体を見つけて「ばあちゃん、これたくさん集めてそうめんみたいにして食べよう!」と言った記憶があります(^^;

ぴよ汰
子供の時だったろうけど面白いこと言ってたんだねw

北寄貝の中にある透明な棒は食べても問題ありませんが、僕が子供のときに思いついた「たくさん集めてそうめんにする」というのはお勧めしません(笑)。

 

スポンサーリンク

 

ホッキ貝には寄生虫がいるの?

まず衝撃的かもしれませんが、ホッキ貝にはほぼ100%の確率で寄生虫が入っています。

よく聞く「アニサキス」とか「ヒモビル」といった寄生虫が潜んでいるんですよ。

ぴよ汰
え…、それ聞いたらホッキ貝食べれなくなるやつじゃんw

 

 

生で食べない限りは加熱すれば大丈夫ですし、調理中に見つけることもあります。

なので有効な対策としては、しっかりと火を通すことと、なるべく生で食べるのを避けることですね。

ぴよ汰
自分の身を守るためにも気を付けたほうがよさそうだね!

 

二枚貝の「貝毒」には要注意!

寄生虫は注意していれば気づくことができますが、一番心配なのが「貝毒」です。

アサリやホッキ貝などの二枚貝が食べているプランクトンには、人間が摂取すると麻痺性や下痢性の異常を起こす毒を持っているものがあります。

麻痺性に関しては、症状が重い場合は命を落とすこともあります。

 

 

ぴよ汰
その貝毒っていうのはどうやって見分ければいいの?

残念ながら貝毒は見た目で判断できません。さらに、熱に強いという特性もあります。

我々一般人には判断できませんので、出荷する際に定期的な貝毒の検査が行われています。このときに貝毒が検出されれば、その産地からの出荷が制限されるという措置も取られています。

 

 

市販されているものは検査されていますが、注意したいのは潮干狩り等で自分で採取する場合です。

もちろん潮干狩りが行われている所は検査がされているはずですが、事前に確認しておくことを強くオススメします。

ぴよ汰
それはどこで見ることができるのかな?

 

 

貝毒情報は都道府県ごとに測定しています。ですので「お住いの都道府県名+貝毒」と検索すると簡単に確認することができます。

しらべた調査結果をよく見たうえで、潮干狩りに行くと安心ですね。

ぴよ汰
貝毒は見た目で判断できないし、摂取しちゃうと自分のカラダも危ないことになるから気をつけなきゃだね!

 

スポンサーリンク

 

ホッキ貝がおいしく食べられる旬の時期は?

ぴよ汰
ホッキ貝の旬っていつなんだろう?

一番おいしく食べられる時期は2月~4月の間と言われています。

ホッキ貝は1年を通して食べることができますが、寒い冬の海でうまみがギュッと凝縮します。

 

 

さらに、5月~6月にかけて産卵期を迎えるので栄養をたくさんため込んでいるんですよ。

ぴよ汰
じゃあ卵を産む前が一番おいしく食べれるベストな時期なんだね!

そのまま食べてもおいしいですが、バター醤油で焼いたり、炊き込みご飯にするとめちゃくちゃ美味しいです!

その際もぜひ、寄生虫や貝毒などにはお気をつけください~。

 

最後に

ホッキ貝の中にある透明な棒の正体などについてご紹介していきました。

ぴよ汰
今回の情報をまとめてみました!

 

まとめ

  • 透明な白い棒は「桿晶体(かんすいたい)」という器官
  • ホッキ貝には「アニサキス」や「ヒモビル」といった寄生虫が潜んでいることがある
  • 二枚貝の「貝毒」には要注意!
  • ホッキ貝の旬の時期は2月~4月

 

もしご家庭でホッキ貝を食べる際にはこちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

ぴよ汰
安全においしく食べてほしいもんね!

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ぴよ汰
ありがとうございました~☆

記事下広告

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-知識・お役立ち
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.