知識・お役立ち

スマホ依存症をやめる方法は?症状の原因や再発防止の対策も紹介!

投稿日:2018年2月7日 更新日:

Pocket

暇さえあればスマホをいじっている、SNSを見ていないと気が済まない。そんなスマートフォンや携帯への依存症って、辞めたくてもまたすぐにやってしまうんですよね…。

仕事中にずーっと調べなくてもいいことを調べ続けている、ゲームに夢中になって時間を忘れてしまっている人を見ると「あ~、このも人自分と同じく時間を無駄にしているな…。」と思ってしまうことも。

スマホは便利ですが、多くの人がスマホに操作されているようなものなのではないでしょうか?よりよい人生を送るためにもスマホ依存症の解消方法などについて紹介させていただきます!

スポンサーリンク

 

スマホ依存症の原因は?様々な要因が関係していた...

スマホや携帯などで多少調べごとをすることはほぼ確実にあると思います。

あの漢字の読み方がわからないといったことや、料理のレシピなんかも簡単に調べられますのですごく便利です。

こういったちょっとしたことで少しの時間だけ使う事は関係ないのですが、何時間もスマホを離さないでSNSやゲームをして自分で時間の管理ができないとなると問題です。

勉強や仕事に集中できない、スマホが使えなければイライラして人に当たってしまうといった症状にが出てくるともうこれは立派な「スマホ依存症」という病気になります。

それでは、スマホ依存症になる原因や理由などを簡単に見ていきましょう。

SNSやゲーム

LINEやFacebook、TwitterにインスタグラムといったSNSはのめりこみすぎるとスマホ依存症になってしまうリスクが非常に高いです。

好きなアイドルや俳優などの最新情報を手に入れようとして、何度も見ていなければ気が済まないといったことにもなりかねません。

また、スマホのゲームも依存症になるリスクが高いといわれています。いいスコアやランキングのために睡眠時間を削って夜中に黙々とゲームをしてしまう経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

社会的な要因によるもの

スマホがこれだけ普及している現代社会では、外で遊ぶことよりも家の中にいることが多くなってしまうのも原因とされています。

僕もそうなのですが、地方の田舎町に住んでいると友達と会って遊んだりする機会がそう多くはないですし、気の合う人と巡り合う可能性もあんまり高くはないのではないかと思います。

また、職場や学校などでいじめられていたり、仲間外れにされてしまうなどが原因で、スマホに夢中になってしまう事も考えられます。

 

家庭環境によるもの

家庭環境はあまり関係ないのではないかと思うかもしれませんが、親がスマホ依存症だと子供もスマホ依存症になりやすいとされています。

また、両親が仕事で家にあまり帰ってこない場合や、そもそも家に居場所が無いなと感じてしまう事にもスマホ依存の原因があるのではないでしょうか。

1人で過ごす時間が長ければ、当然スマホなどで暇つぶしをする機会が多くなってしまいます。

このほかにもいろいろとスマホ依存症の原因として考えられるものがあります。ご自身の生活の中でスマホを長時間触っている場合は原因が何なのかをさがしてみることをお勧めします。

 

 

スマホ依存症のチェックリスト!危険度を確認しよう

どこからがスマホ依存症なのか基準が分からない方も多いと思いますので、簡単なチェックリストを紹介させていただきます。

・チェックリスト(4~6→軽症 6~8→重症 8~10→依存)
1,スマホを忘れた日はとても不安なる
2,TPOをわきまえずに、無意識にスマホを触ってしまう
3,入るお店の基準は「スマホの充電ができるか」「WiFiがあるか」
4,財布は忘れても、スマホは忘れない
5,朝に目が覚めたら、まずはベッドで横になったままスマホチェック
6,わからない事はすぐスマホを使う
7,スマホの充電器を買いすぎて、いくつも予備を持っている
8,スマホの見過ぎで目にクマができている
9,着信もないのにスマホが振動した錯覚に陥ることがある
10,スマホを持ったまま眠ることがある

引用:http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121211-00027109-r25

このチェックリストでご自身がスマホ依存症になっている危険度がわかりますが、軽症だからといって気にしないのではなく、十分スマホ依存に発展する可能性がありますので注意してください!

スポンサーリンク

 

スマートフォンをいじるとめまいや睡眠不足が...これもスマホ依存症?

スマートフォンといじっているとめまいが起きることがあるのではないでしょうか?

スマホの画面で小さい文字を見ると目が疲れてめまいが起きてしまう事もありますが、長時間スマホでゲームをしたり、文章を読んでいるとめまいが起きるとするとそれはスマホ依存症になっている可能性も考えられます。

また、スマホをいじっていて普段から睡眠不足だという方も、スマホを手放せないスマホ依存症になっているリスクが高いです。

急な用事などでスマホを長時間使わなくてはならずに睡眠不足に陥ってしまうというのは考えられますが、日常的な睡眠不足となると話は違ってきてしまいます。

 

 

スマホ依存をやめる方法は?具体的な解消方法を紹介!

日常生活にも支障が出てしまうスマホ依存症の具体的な解消方法をいくつかあげさせていただきます。

モバイルバッテリーを持ち歩かない

スマホの充電を自宅以外でもできるモバイルバッテリーは便利ですが、その分スマホを使う事ができる時間が増えてしまいますよね。

外出時にはモバイルバッテリーを持ち歩かないことや、充電する回数を1日に1回~2回にするという事も効果的です。

 

メールやSNSの通知設定をOFFにする

メールやSNSの通知機能がきっかけで、スマホをいじることが多くあると思います。それがきっかけで他のアプリなどを開いてしまう事もしばしば…。

こういったケースにならないように、あらかじめメールやSNSの通知機能をOFFにしておくのも一つの手です。電話の通知は緊急時に困りますですので思い切ってOFFにするのはやめておきましょう(^_^;)

通知をOFFにして、1日に決められた時間だけ確認するという方法もおすすめですよ。

 

データ容量が少ない格安SIMにする

データ容量が少ない格安SIMや格安スマホにすると、ネットにつなげる機会や回数を減らすこともできます。

一定量を超えたデータ通信をすると、通信制限がかかり何をするにも読み込みが遅くなったりと不自由になりますよね。そこを利用してスマホ依存を解消していこうという訳です。

データ容量をチャージするには、お金が必要ですので効果的だと思いますよ!

 

寝室やベッドにスマホを持ち込まない

寝室やベッドにスマホを持ち込んでしまうと、夜中にずっと触ってしまう原因になります。なので、スマホはリビングに置いておくといったことも効果的です。

しかし、普段からスマホのあアームで朝に起きているという人もいるかと思います。そんな場合は、ベッドや布団から手を伸ばしても届かない距離に置いておくことをお勧めします。

それでもスマホを触ってしまわないか心配な方は、スマホを違う部屋に置いておいて、アラーム代わりに目覚まし時計を購入されることをお勧めします。

 

いっそのことガラケーに機種変更する

スマホ依存症を解消する方法の最終手段として、いっそのことガラケーにしてしまうというのもありだと思います。

ガラケーはネットを閲覧するはスマホに比べたら遅いしストレスがたまりますよね。LINEなんかはできてしまいますが、その度に増えていくパケット通信料を考えると恐ろしくて使えなくなります。

必要最低限の通話とメール機能だけのガラケーにすることで、外出先で困ることもありますがスマホ依存症を解消して「スマホ断捨離」もできて一石二鳥かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

再発を防止するには?スマホ依存症のを完全にやめるには...

スマホ依存症を改善しようとしている方には酷かもしれませんが、スマホ依存症が再発する可能性は高いといわれています。

これまでずっとスマホをいじってきた自分を急に変えていくのはもちろん、周りがそうしているから仲間外れにされるかもしれないと流されてしまうのも再発の原因と考えられます。

ここで考えてほしいのが、スマホ依存症を解消するときや再発を防ぐときも同じなのですが「自分がこのままスマホ依存症でいいのか?」と考えてみることです

ずっとスマホをいじって誕生日が来て歳をとって、またずっとスマホに依存していくと考えると僕は「確実にこのままじゃいけない」と思いました。

僕の場合、年をとって30代を超えてもずっとスマホに依存していて、仕事も友人関係も続かずに一人で過ごしていくのかなぁと具体的に想像してみたら「これ、将来がやべぇやつだ…」と思えたからスマホ依存症を改善できました。

そして、他にやることができたのも理由の一つです。趣味のバイクに乗ることはもちろん、整備も自分でやってみることでネットを使う時間が減りました。

分からないことがあればネットを使わずに、詳しい人に聞いてみるなど徹底してみましたが、スマホをいじらなければならないという考えから抜け出すことができました!

これは僕自身の体験談なので参考になるかどうかはわかりませんが、もし自分一人でスマホ依存症を改善できるか心配になったら一度病院へ行ってみることをお勧めします。

今ではスマホやパソコンなどのネット依存症を専門にしている病院もありますので、1人で克服できない場合は診察に行ってみてはいかがでしょうか?

スマホは便利ですが、のめりこみすぎて依存してしまわないように注意する必要がありますね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.