郵便配達

普通郵便が届かない理由...不着の原因や裏側を元郵便局員が語る!

投稿日:2018年9月6日 更新日:

Pocket

 

普通郵便を出したのに届かない!という経験がある人は多いのではないでしょうか。

ヤフオクやメルカリでお金を払って購入した商品が届かないとなると一大事ですよね(^^;

 

それなのに、郵便局に不着申告をして調査依頼を出しても見つからないこともあります。

なので、元郵便局員の僕が普通郵便が届かない理由や、不着・遅れる原因を語ってみました!

スポンサーリンク

 

普通郵便が届かない理由&不着の原因とは?

重要な書類を送るためや、ネットオークションなどで普通郵便を利用する人は多いと思います。

すると、送ったのに届かない場合がたまにありますよね(^_^;)

その理由について、元郵便局員の僕が経験したことを簡単にまとめてみました。

  • 輸送途中でのトラブルがあった
  • 配達途中などで紛失してしまった
  • あて先の住所が正しくない
  • 不在で郵便局に保管している
  • 受け取ったのを忘れてしまった
  • そもそも郵便を送っていない ...etc

上記の理由以外にも、様々な理由で普通郵便が届かないことがあります。

ちなみに、働いていた時には電話対応もしていたので「出した郵便が届かない!」というお問い合わせがかなりありました。

あわせて読みたい!⇒郵便配達が雨の日に遅れる理由とは?その原因を元配達員が暴露します!

 

郵便をお預かりして、あて先に輸送する際に何らかのトラブルが起きる事もあります。

さらに配達している途中で、風に飛ばされて紛失してしまう出来事もありました。。。

あて先の住所が間違っていて返されてしまう事もありましたし、受取人がご不在で郵便局で保管しているため届かないと思っていた人もいましたね。

 

また、意外にあるのが「そもそも郵便を送っていない」という事です(僕個人の感想です)。

出したはずなのに届かないと思っていたら、実は手元にあったなんてこともありました。

日ごろから多くの郵便を出されている方に、そういった傾向があるようです。

 

普通郵便を送ったのに届かないから、郵便局に落ち度がある!!

そう思ってしまいがちですが、このような場合もありますので冷静に対処してください。

そして、安価で利用しやすい普通郵便には補償されないというデメリットがあります。

もし高価な商品や、絶対に紛失してはいけない書類などは普通郵便で送ることはおすすめしません。

 

次の章では、普通郵便が届かなかった際にできる「調査依頼」についてお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

 

調査依頼の裏側を語ってみた

届くはずの郵便がいつまでたっても届かない場合は、郵便局へ調査を依頼してみてください。

ちなみに、インターネットからでも依頼できますよ⇒郵便局公式ホームページ

ここで郵便局からもとめられる情報は、

  • 差出人の住所や氏名
  • 受取人の住所や氏名
  • どちらかの電話番号
  • 郵便物の種類や特徴
  • いつどこで郵便を出したのか

などの郵便物が特定できる情報を、細かく教える必要があります。

 

そうすると、郵便物を引き受けたところと、配達を担当するところで調査が始まります。

具体的には、調査依頼のあった郵便物に見覚えが無いかや、輸送し忘れが無いか調べます。

また、輸送途中で紛失する可能性もあるので、中継したところでも調査されますね。

 

なので、「引き受け局⇒中継局⇒配達局」で、紛失または残留が無いかを確認します。

ひとつ注意したいのは、普通郵便は追跡番号が無いのから、どこにあるのか分からないという事です。

 

例えば、書留やゆうパックなどは追跡番号があるので、

「引き受け局で情報が止まっている=中継局で何かがあった」

「引き受け局&中継局を通過した情報がある=配達局で何かがあった」

という風に、追跡情報をもとに調査対象をさらに絞ることができます。

 

しかし、普通郵便となると、どこを通過したのかという情報がありません。

引き受け・中継・配達のすべての局で、膨大な量の中から探すのはかなり難しくなります。

それに、引受担当者や配達担当者の記憶をもとに探す事もありますが、前日または当日以外だと覚えていないという事も起きてきます。。。

 

よほど変わった形や色の郵便だと覚えていることがあるかもしれません。

しかし多くの場合では、市販の封筒などを使っているので見分けることも困難です。

こんなことを言うのはあれですが、泣き寝入りするしかない状況にもなる可能性が高そうですね。

 

ちなみに、僕もヤフオクで商品を買って普通郵便で送ってもらったら、届かなかったことがあります。

その当時はまだ働いていたので「局員が局員の郵便を調査する」という不思議な図になりました(笑)

結局、どこにあるのか分からないままで泣き寝入りするしかなかったです(´;ω;`)

こんな事もありましたので、重要なものを送るときには追跡番号や保証があるサービスを使う事を強くおすすめさせていただきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、普通郵便が届かない理由などについて語らせていただきました。

届かない理由や、調査依頼に必要な情報をまとめると、

 

【届かない・不着の理由】

  • 輸送途中でのトラブルがあった
  • 配達途中などで紛失してしまった
  • あて先の住所が正しくない
  • 不在で郵便局に保管している
  • 受け取ったのを忘れてしまった
  • そもそも郵便を送っていない ...etc

 

【郵便物の調査依頼に必要な情報】

  • 差出人の住所や氏名
  • 受取人の住所や氏名
  • どちらかの電話番号
  • 郵便物の種類や特徴
  • いつどこで郵便を出したのか ...etc

ということをお話しさせていただきました。

 

郵便が届かないのには様々な理由が考えられます。

郵便局で紛失してしまう事もありますし、そもそも送っていないことだってあり得ます。

そんなときは怒ったり焦ったりしないで、冷静に対処してみてくださいね!

あと、大切なものは追跡番号や補償があるサービスを使ってください!!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-郵便配達
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.