ドラマ 監獄のお姫様

監獄のお姫様はセシルのもくろみのパクリ?脚本家について調査!

投稿日:2017年10月29日 更新日:

Pocket

 

 

こんにちは(''◇'')ゞ

 

10月からスタートしているテレビドラマ『監獄のお姫さま』。

 

逃げ恥枠として注目されているドラマですよね。

そして出演者がかなり豪華!小泉今日子さん、満島ひかりさん、

菅野美穂さん、伊勢谷友介さん、乙葉さnなどなど演技派の方々ばかり集まっています。

 

5人の女の人が夏帆演じる江戸川しのぶ(通称:姫)を救うべく、紛争するドラマです。

 

スポンサーリンク

 

監獄のお姫様はセシルのもくろみのパクリ?

 

そっくりと言われている2作品。どちらのドラマを見ていても内容も違うし、

『なんで?』と思っていました…

 

が、しかし!共通点を見つけました!それは、

 

衣装が似ている!

大人の女の人がメインのドラマ!

 

ということです。

 

ドラマのジャケットの写真を見ると一目瞭然!

何人かの女の人が赤いドレスをきて横並びになっています。

 

※セシルのもくろみ

 

※監獄のお姫様

 

違うのは、5人か6人ということ。。。

TBSとフジテレビで局も違うのにびっくりですね!

 

その先入観から似ている!と思ってしまうのかもしれません。

 

そして、『大人の女の人がメイン』ということ!

 

監獄のお姫さまでは小泉今日子さん、セシルのもくろみでは真木よう子さん。

どちらもとてもきれいな女優さんで、大人の雰囲気ですよね。

 

監獄のお姫さまの方が年齢層は高めのような気もしますが、

どちらきれいな女の人がたくさん出てきている!という面では似ているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

プリプリとセシルの脚本家は同じ?

 

結論から言いますと、全く別の方が書かれています!

 

私は前知識なしで監獄のお姫さまを見始めたのですが、

『ん?んん? もしかして・・・?』と思い調べてみると、

やはり脚本家はクドカンこと工藤官九郎さんでした!

 

クドカンらしい、シュールで、コメディで、

でもその中に大事なセリフがたくさん詰まっているような、

本当に引き込まれるドラマになっています。

 

彼の作品は

 

・『流星の絆』(2008)

・『あまちゃん』(2013)

・映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2016)

 

など人気作品がたくさんあります。

皆さんも見たことがあるかもしれませんね。

 

一方セシルのもくろみの脚本家は『ひかわかよ』さんです。

 

もともとこの『セシルのもくろみ』は雑誌『STORY』で

連載されていた原作をひかわかよさんが脚本されたものでした。

 

私は初めて知った脚本家さんなのですが、実はたくさんの作品を手掛けていました!

 

最近の作品だと

 

・『救命病棟24時(第5期)』(2013)

・『医龍4 ~Team Medial Dragon~』(2014)

・『劇場版 新・ミナミの帝王』(2016)

・『嫌われる勇気』(2017)

 

などなど、たくさんの話題作を書かれているのです!

 

セシルのもくろみ自体は視聴率今一つで終わっていましたが、

回を追うごとにどんどんと面白くなっていった印象です!

 

監獄のお姫様はセシルのもくろみのパクリ?脚本家について調査!のまとめ

 

いかがでしたか?

 

『監獄のお姫様』と『セシルのもくろみ』の2作品、

似ているようで全然違うということがわかりましたね!

 

しかし『監獄のお姫さま』はまだ始まったばかりです。

これからもクドカンワールドに浸っていきたいと思います(笑)

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-ドラマ, 監獄のお姫様

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.