ドラマ 監獄のお姫様

監獄のお姫さまの原作はある?ネタバレや最終回を予想してみた!

更新日:

Pocket

 

 

こんにちは(''◇'')ゞ

 

10月からスタートしているテレビドラマ『監獄のお姫さま』。

逃げ恥枠として注目されているドラマですよね。

 

そして出演者がかなり豪華なこともポイントです!

 

小泉今日子さん、満島ひかりさん、菅野美穂さん、伊勢谷友介さん、

乙葉さんなど演技派の方々ばかり集まっています。

 

5人の女の人が夏帆演じる江戸川しのぶ(通称:姫)を救うべく、紛争するドラマです。

 

今回は、今注目のテレビドラマ『監獄のお姫様』の原作や

ネタバレ、最終回について見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

監獄のお姫様の原作やネタばれは?

 

最初に言っちゃいますが、監獄のお姫さまには原作はありません!

 

私は前もった知識なしで見始めたのですが、『ん?』『んん?』もしかして…と思い、

調べるとやはり脚本は宮藤官九郎さんでした。

 

シュールさと、コメディさが共存して、切なさもあり、わけわからなさもあり。

そんな雰囲気が最初の5分から感じられ、引き込まれていきました!

 

あらすじは昔起きた『爆笑ヨーグルト姫事件』をもとにはじまります。

 

伊勢谷友介演じる板橋吾郎が次期社長に就任するべく社長の娘『姫』と婚約をしますが、

実はその時すでに吾郎には彼女がいたのです。

 

もうお分かりかもしれませんが、吾郎は二股をしていました!

 

そしてある日、恋人が沖縄で命を奪われてしまいます。

 

その時ちょうど吾郎と姫は沖縄に婚前旅行に行っており、

姫が容疑者として逮捕されました。

 

実刑になり刑務所に入った姫ですが、何かが起きてしまう訳です。

 

そしてその姫を助けるために5人の女の人が格闘するという話になっています。

 

原作はないということなので、今後の展開は全く読めません!

気になるところですね~。

 

2話では、小泉今日子が夫を刺したことで収監され、

すでに収監されていた他のメンバーと交流を深めていくという内容でした。

 

これからの展開や最終回を予想!

 

スポンサーリンク

 

ずばり『夏帆演じる姫は実は冤罪だった!犯人は実は乙葉演じる板橋晴美?』です!

 

1話から姫の冤罪を証明するべく、板橋吾郎の息子を誘拐し、

次々と作戦を実行していきました。

 

最後は吾郎が誘拐されたというところで終わっていますが、

このまま『実は吾郎が犯人でした』ではあまりにも面白くない気が…。

 

そこで、その事件の数年後結婚した妻『晴美』が実は真犯人だったのでは?という気がします。

 

1話では彼の昔のことについてあまり知らないそぶりでしたが、

わざとなのでは?といろいろ勘ぐってしまいますよね(。-`ω-)

 

久しぶりに連ドラ出演した乙葉さんにも注目して、

今後の展開に期待したいところです♪

 

監獄のお姫様の原作はある?ネタバレや最終回を予想してみた!のまとめ

 

いかがでしたか?

 

次の放送が楽しみになるドラマですね。

 

さすがクドカン!といった内容になっていると思います。

 

特に事件名『爆笑ヨーグルト姫』事件。

なんともシュールで、1回聞くと頭から離れなくなってしまいました。

 

これからもクドカンワールドに期待して、次回の放送を待ちたいと思います!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

記事下広告

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-ドラマ, 監獄のお姫様

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.