気になる時事ネタ

大前孝太郎はギタリストで元内閣府官僚!妻や経歴と年収も調査!

更新日:

Pocket

 

どうもです!

2017年8月3日放送のテレビ番組「カンブリア宮殿」で、城北信用金庫理事長の大前孝太郎(おおまえ こうたろう)さんが出演します!

実は大前さん、面白い経歴の持ち主なんです!しかも、アスリートを積極的に採用していたり、花火の実行委員長をしたりとかなりユニークな方でもあります!

今回は、大前孝太郎さんについて調査していきます!

 

スポンサーリンク

 

大前孝太郎のプロフィール!

大前孝太郎さんは、1964年2月19日生まれの53歳です。出身地は東京都の北区で、最終学歴は「慶應義塾大学経済学部経済学科卒業」です。

偏差値を見てみると、67.5~70となっていました!「名前を書けば入れる高校」が最終学歴の管理人は、雲の上の存在です(; ・`д・´)

 

大前孝太郎はギタリストで元内閣府官僚!?

大前孝太郎さんについて調べていると、気になる経歴が2つありました。

それが、「ギタリスト」と「元内閣府官僚」です!

面白くないですか( *´艸`)

しかも、信用金庫の理事長なんですよ!ギタリストの経歴についてですが、もともとは「ゴマルヨンズボン」というロックバンドで活躍していました。

「ゴマルヨンズボン」って言いずらいなぁ…w

2011年には「ゴマルヨンズボン」メンバーであり芸術家の筒井はじめさんと「ラブコモンズ」を設立しています。

ちなみに、ゴマルヨンズボンの動画はこちら!

好き嫌いがわかれそうですねぇ…。管理人はどちらでもないですが(笑)

次に、内閣府官僚の経歴について見ていきましょう!

1998年から内閣特別官房調査員に就任。

2001年からは、内閣府参事官補佐・企画官などを務め、2006年には内閣府政策企画調査官に就任しています。地域再生などの改革を担当していたんです。

そして、2006年の4月からは慶応義塾大学総合政策学部の准教授を務めていましたが、2010年には退職しているようです。2009年に内閣府を退職し、城北信用金庫の常務理事を就任。専務理事を経てから理事長に就任しています!

これを見ていくと、エリート街道まっしぐらといった感じですね。しかも、音楽活動も一緒にやってしまうとは…。人生楽しんでますな(笑)

 

スポンサーリンク

 

大前孝太郎の妻はどんな人?

大前孝太郎さんは、すでにご結婚されています。しかし、妻の詳しい情報は確認できませんでした。

年齢が53歳ということもあり、大きなお子さんがいてもおかしくないと思いますね。きっとお子さんも、信用金庫に就職するのでしょうか?

それとも、ロックバンドで活躍するかもしれませんね!

 

大前孝太郎の年収はいくら?

やってきました、管理人の大好きな人の年収の話!理事長というくらいですからね、かなり稼いでいるのではないでしょうか?

信用金庫の部長クラスになると、平均したら約1000万円の年収があるようです。部長クラスでこれですから、理事長にまでなるとどれくらいの年収があるのかは想像ができませんね。

管理人の勝手な予想なんですが、大前孝太郎さんの年収は部長クラスの3~5倍あると考えています。なので、大前孝太郎さんの年収は約3000万円~5000万円くらいなのではないでしょうか?

まぁ、僕個人による勝手な予想なんですけどね(笑)

 

最後に

今回は、大前孝太郎さんについて調査していきました!様々な経歴をお持ちのエリートでしたね!

しかも、変革を恐れない方なので地域の活性化にも一役買っているようです。今後の大前孝太郎さんと城北信用金庫にも注目です。

今日のシェアポイントはこちら!

   ⇨ロックバンドのギタリストで元官僚!!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

記事下広告

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-気になる時事ネタ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.