知識・お役立ち

年賀状を速達で送ると元旦に配達される?失礼のない対応についても!

投稿日:2017年10月4日 更新日:

Pocket

 

こんにちは(''◇'')ゞ

 

仁之助
こんにちは!

 

年賀状って、12月15日~12月25日までに出さなければいけないですよね。

 

でも、12月30日とかに『あ!あの人に出すの忘れてたぁ!』なんてこともあると思います。

 

仁之助
うっかりさんだからね(笑)

 

確かに、否めないですね(;''∀'')

 

差出期間を過ぎてしまった場合に、『年賀状を速達として送ると元旦に間に合うのか』について

気になりました。

 

 

スポンサーリンク

 

年賀状は速達で送ることはできる?

 

調べるとは言ったものの、僕自身では何もわからないので

現役郵便局員の田中さんに聞いてみましょう。

 

仁之助
た~な~か~さん!

 

田中
こんにちは!田中です。

 

今回は『年賀状の差出期間を過ぎても速達で送れば元旦の配達に間に合うのか

についてお聞きしたいんですけれども。

 

仁之助
こいつ忘れん坊だから教えてやってくださいよ(笑)

 

いらんことは言わなくていいよ( ゚Д゚)

 

田中
忘れん坊さんなんですね(笑)

それではご説明させていただきます。

そもそも年賀状は速達で送ることはできませ

 

えぇ!速達で送れないんですか?

 

田中
そうなんですよ。

年賀状を速達で送ることはできない決まりになっています。

 

仁之助
じゃあ、普通のはがきとして送ることになっちゃうんだ。

 

田中
そうなってしまいます。

ちなみにですが、年賀状を書留や特定記録郵便にすることもできません

 

という事は、12月30日とかに年賀状を元旦に間に合うように

速達で出したいと思っても、普通のはがきとして料金を払わなければいけないんですね…

 

田中
年賀状を出される期間についてはすでに決まっておりますので、

もし30日にそのまま年賀状を差し出されても、元旦に届くかどうかは

確実なことをお伝え出来ません。

 

仁之助
忙しくて期間内に出すことができない人もいるかもしれないけど、

ルールは守らなきゃね。

 

田中
大変心苦しいのですが、その通りです(^_^;)

 

速達を元旦に配達してもらうにはいつまで出せばいいの?

 

年賀状としてなら速達で送れないという事はわかりました。

それじゃあ、普通のはがきとしての速達で送る場合はいつまでに出せば

元旦に配達してもらえますか?

 

田中
『差し出される人の地域』と『受け取られる人の地域』

によって違いますが、離島以外ですと翌々日(2日後)以内には届く場合がほとんどです。

詳しいお届け日数についてはこちらをご確認ください。

 

じゃあ、離島以外なら12月30日い速達で出しても大丈夫そうですね(^-^)

 

仁之助
そういう問題じゃないから!

ちゃんと期間内に出そうよ。

 

そ、そうですね…

 

田中
それと、年賀はがきに記載してある『年賀』という文字を消していただく必要もあります。

この場合、年内に配達される可能性もありますのでご注意を…

 

普通の速達ですもんね!

ヘタをすると年内に配達されてしまうのか( ・´ー・`)

 

仁之助
全部お前が悪い!

 

追い込みますねぇ、僕のこと(笑)

 

ちなみに、料金はおいくらになるんでしょうか?

 

田中
はがきを速達で送る場合ですと、1通あたり342円の送料がかかります。

年賀はがきの料金が52円と考えると、不足分の290円を切手でお支払いいただくことになります。

 

まぁ、それくらいなら自分が悪いので代償としては安いものと思いますが、

はがきに290円分の切手を貼るスペースってあるんですか?

 

田中
年賀はがきの料金が印刷されている部分の下、もしくは

空いたスペースに貼っていただくことになります。

 

かなり枚数が必要になってしまいそうですが、290円の切手なんてあるのでしょうか?

 

田中
残念ながら290円の切手は存在しません。

もし切手を1枚で済ませたいという方は、10円多く払ってしまうことになりますが、

300円切手を使用していただくのも手かと思います。

 

仁之助
まぁ、事情はそれぞれかもしれあるかもしれないけど

仕方ないね…

 

年賀状を速達で送るときに失礼のない対応は?

 

もし、年賀状を速達で送るとしたら失礼のないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

仁之助
期間内に出す

 

身もふたもないよぉ(;^ω^)

 

田中
速達で郵便を出した際には必ず消印がされてしまいます

なので、いつ出された郵便なのかが受け取る人にわかってしまうのです。

 

仁之助
しかも『速達』っていう文字も書かれているから、

失礼の度合いが倍増するよね!

 

じゃあ、速達で送らないっていうのが一番失礼がない対応なんですね…

 

田中
受け取る人にもよりますが、そうなのかなと思いますよ。

 

なんとしても元旦に間に合わせたい場合を除いて、

遅れるのを覚悟で差し出したほうがよさそうです(;^ω^)

 

仁之助
それが一番だと思うぞ!

 

ホントに今年は期間内に年賀状を出せるように頑張ります!

 

それでは田中さん、ありがとうございました!

 

仁之助
ありがとうございました!

 

田中
はい。それでは失礼します。

 

年賀状を速達で送ると元旦に配達される?失礼のない対応についても!のまとめ

 

今回は、年賀状を速達で送れば元旦に間に合わせることができるのかについて調査してみました!

 

まとめてみると、以下の通りになります。

 

年賀状は速達で送ることはできないが、普通のはがきとしてなら速達で送ることができる。

・はがき1枚の速達料金は342円

・速達で出す場合は『年賀』の文字を消す必要がある

・速達で出すと年内にお届け先に届く可能性がある

・年賀状を速達で出すと切手が消印されるので出した日が相手にバレる

・失礼が無いようにするには『多少遅れてでもそのまま出す』がベター。

 

年賀状を速達で出そうとすると、色々と面倒ですしお届け先の相手にも

失礼になる場合がありますので、年賀状は期間内に出すようにしましょう!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.