知識・お役立ち

年賀状を封筒で送る方法!!料金や元旦に間に合わせる方法はこれ!!

投稿日:2017年10月4日 更新日:

Pocket

 

 

こんにちは

 

仁之助
だんだん寒くなってきたね。

 

もう年賀状を書かなければならない時期になりましたね

 

仁之助
今年も過ぎるのが早かったなぁ

 

まだ終わってないんですけどね!

 

年賀状といえば、普通は年賀はがきをそのまま送るのが一般的ですが

実は『封筒に入れて送ることができる』というのをご存知ですか?

 

仁之助
それじゃあ、『年賀封筒』になっちゃうね!

 

そうなっちゃいますね(笑)

 

今回は意外と知られていない『年賀状を封筒に入れて送る方法』について

まとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

年賀はがきを封筒に入れて送る理由は?

 

仁之助
そもそもなんで封筒に入れて送るの?

 

良い質問ですね!

 

なぜ年賀状を封筒に入れて送るのか考えられるのはいくつかあるのですが、

イラスト等を書いていて人に見られるのが嫌』もしくは

デコレーションが崩れる可能性がある』からなのではないでしょうか?

親に見られたくないとかもありますよね。

 

仁之助
イラスト?(笑)

 

 

他にも、アニメや漫画のイラストかもしれません。

 

シールや折り紙などでデコレーションした年賀はがきを出すときに

はがれないように封筒に入れて出すという人もいます。

 

あまり詮索するのもアレですので、中身のことについてはここまでにしておきましょうか。

 

仁之助
うん、隠したいことって色々あるよね…

 

そんなに深刻なものでもないと思うのですが(笑)

 

料金や送る方法について!

 

仁之助
ところで、料金はいくらかかるの?

 

はい、年賀状を封筒に入れて送る場合の料金は『定形郵便』もしくは『定形外郵便

かによって異なってきます。

 

仁之助
定形?定形外?聞いたことないなぁ…

 

あまりなじみのない言葉かもしれませんね。

 

ここで二つの違いについて説明させていただきます!

 

定形郵便の料金やサイズや重さの上限について

 

郵便物というのは、基本的に『サイズ』とそれから『重さ』などで決まってきます。

 

仁之助
知らなかった!

 

その中でも定形郵便というのは長さが23.5cm以内で、横幅が12cm以内

それに加えて厚さが1cm以内の郵便物のことです。

 

仁之助
はぁ~、ややこしいな

 

まだありますよ(笑)

 

重さについてなのですが、定形郵便物の場合は2つに分けられます。

 

まず1つ目が『25g以内』、2つ目が『50g以内』です。

 

仁之助
キッチリしすぎだよ!

 

『バカまじめ』を売りにしてるくらいですからね(;^ω^)

 

肝心の料金については、定形郵便物で重さが25g以内であれば84円

重さが25gを超えて50g以内であれば94円です

 

仁之助
重くなっても料金は10円しか違わないんだね!

 

定形郵便物であればそうなんですが、定形外郵便物になってくると

料金がはね上がってしまうんです…

 

定形外郵便のサイズや重さと料金について!

 

仁之助
じゃあ、定形外郵便物はどんな感じ?

 

簡単に説明させていただくと『サイズが定形郵便物より大きい』のと『重さが50g以上

なのが定形外郵便物になりま~す!

 

仁之助
ザックリしすぎだよ!

 

封筒で年賀状を送るときには『定形外郵便物で出すことができない』

という決まりになっていますので(;^ω^)

 

仁之助
何だって!じゃあ説明の必要がないじゃん(笑)

 

それも何なので、かる~く説明させていただきますね。

 

サイズについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

※最近は定形外郵便物の郵便物の厚さによって『規格外』というものも追加されていて、

さらにややこしくなっていますので注意が必要です。

 

 

仁之助
ホントややこしいなぁ…

で、料金はおいくら?

 

料金についてですが、50g以内であれば120円

100g以内であれば140円となっています。

 

仁之助
ホントに定形外郵便物と比べると高いね!

 

定形郵便物と比べると最低でも28円~38円も違ってきますね。

 

※今回は100g以内までの料金のみ書かせていただきましたが、

重さが100gを超える場合についてはこちらから確認することをお勧めします。

 

元旦に配達してもらう為にはどうすればいいの?

 

仁之助
本来年賀状じゃない封筒は何をすれば元旦に配達してもらえるの?

 

封筒に年賀状を入れて出す場合には、切手を貼った下あたりに大きく『年賀』と

書かなければ早く出してもそのまま配達されてしまいます。

 

仁之助
年内に年賀状が届いたらびっくりするね!

 

そうならないためにも大きめに『年賀』と書かなければいけないんですよ。

 

その際ですが、大きい字で見やすく書くのと赤字で書くことをおすすめします。

 

仁之助
黒よりは赤のほうが気付きやすいからだよね!

 

そうなんですよ!

 

郵便物を分けているのはあくまでも人間ですので、間違われないようにするためにも

大きく見やすい赤字の『年賀』を書く必要があるということです!

 

仁之助
間違われるのは嫌だし、気を付けてみるよ!

 

いつまでに出せば正月に配達されるの?

 

仁之助
年賀状っていつまでに出せば正月に届くの?

 

今年(2017年)ですと、郵便局の年賀はがきの引き受けは、

12月17日~12月25日までとなっています。

 

仁之助
じゃあ26日に出したらどうなるの?

 

これは難しい質問なのですが、実際のところ26日以降に出した年賀状でも

お正月(元旦)に配達されたという人もいるようです。

 

仁之助
じゃあ期間はあんまり気にしなくてもいいのかな?

 

届く場合があるからといって、期間を過ぎた後に年賀状を出すのは

あまりよくないようです。

 

仁之助
え、なんで?

 

なぜ郵便局が12月31日まで年賀状を受け付けずに、早めに期間を打ち切ってしまうのか

なのですが、実は『家ごとに並べる作業』があるからなんです!

 

 

仁之助
並べるのが大変だから早めに打ち切るんだね!

 

そういう事なんです!

 

年賀はがきは全国各地から大量に届きますし、

1家庭だけでもすごい枚数が届く場合もあるんですよ。

 

 

よく勘違いされているのですが、大晦日や元旦に年賀状を出せば

1月1日にすぐ届くだろうという人がいます。

 

絶対にありえないので12月25日までに出しておくことを強くお勧めします!

 

仁之助
これまで25日以降に出していたことがほとんどだけど、

今年からは期間を守るよ!

 

はい、そのほうが確実に1月1日の元旦に年賀状が届きます(^-^)

 

年賀状は封筒で送れるの?料金や元旦に間に合わせる方法のまとめ

 

今回は、年賀状を封筒に入れて送る方法などについてまとめてみました!

 

意外と知られていないこちらの方法ですが、お役に立てれば幸いです(*'ω'*)

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち

Copyright© Near One , 2020 All Rights Reserved.