気になる時事ネタ

Mステスーパーライブ2017の観覧募集はいつ?当選確立を上げる方法!

更新日:

Pocket

 

こんにちは(''◇'')ゞ

 

仁之助
こんにちは~

 

2017年もあと少しで終わりそうな勢いですね!

 

今年も短かったな…

 

仁之助
いや、まだ終わってないよ(笑)

 

そうですね!

 

そうそう、年末といえば様々な特番が放送されますが中でも

ミュージックステーション スーパーライブ』が毎年注目されますよね。

 

テレビの前ではなく、実際に見に行ってライブ感を味わいたい人も

多いはずです!

 

そこで今回は、Mステのスーパーライブ2017観覧募集の期間や

当選確率の上げ方について調査しました!

 

スポンサーリンク

 

Mステスーパーライブ2017観覧応募の受付期間はいつから?

 

様々なアーティストが参加する『Mステスーパーライブ』。

 

実際に生で見るためには、観覧募集を受けなければなりません。

 

仁之助
でも応募期間があるんじゃ?

 

良いことを聞いてくれました!

 

応募するからには、なるべく早く対処したいですよね!

 

なので、観覧募集の期間について調べてみました!

 

仁之助
ほうほう、それでいつから?

 

まだ決まっていません!

※2017年10月1日現在

 

仁之助
ダメじゃん!

 

まあ、そう怒らないでくださいよ。

 

まだ募集は始まっていませんが、例年ですと『11月の中旬または下旬~12月の上旬

が観覧募集の応募期間になっています。

 

ちなみに、2016年のスーパーライブは11月25日~12月6日までが応募期間でした。

 

仁之助
今年もそれくらいなのかな?

 

そうですね、今年も11月の下旬から観覧募集が始まると思いますので、

募集情報をこまめにチェックすることが大事になってきます。

 

※募集が始まりましたらこちらの記事も追記させていただきます。

 

応募方法はどうすればいいの?

 

応募方法なのですが、大きく分けて2つあります。

 

はがきでの応募』と『ファンクラブからの応募』です!

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

観覧募集をはがきで応募する

 

一番オーソドックスな応募方法のはがきですが、もちろん書き方があるんです。

 

仁之助
え?募集始まってないのに書けるの?

 

これはスーパーライブ2016を例にしていますので、

細部が変更になっているかは確認をお願いしますね!

 

それではまず、あて先について。

 

スーパーライブ2017のあて先

〒106-8001

テレビ朝日 MUSIC STATION SUPER LIVE 2017 観覧募集係

 

※あて先には変更等がある場合がありますので、しっかりと確認をしてください。

 

必要事項についてはこちら。

 

応募時の必要事項

住所・名前・年齢・連絡先(電話番号)・応援したいアーティストを明記

 

はがきで応募する場合は以上のことを参考にしていただければうれしいです(*'ω'*)

 

ちなみにはがきで応募する際の注意点ですが、『料金に不足が無いか』はあらかじめ

確認してから出してください。

 

現在の郵便料金では、はがき1枚で62円の送料がかかります。

 

以前は1枚52円で送ることができたので、そのはがきをお持ちの方は

注意が必要です。

 

郵便局では、不足料金があると郵便を出した人(差出人)の住所が書いている場合には

『不足分の料金をお支払いください』等の付箋を付けて返してくれます。

 

しかし、応募期間ぎりぎりになって料金が不足しているはがきを出してしまうと

間に合わないなんてことに…

 

こうならないためにも、料金の確認はぜったいにしてくださいね!

 

それと、『はがきの送達日数』にも気を付けたほうがいいと思います。

 

僕は北海道に住んでいるのですが、東京まではがきを送るとすれば2日かかります。

 

ご自分が住んでいる地域から、あて先までの送達日数を確認することもお忘れなく!

 

最後に、郵便番号の間違いにより遅れてしまうこともありますので

その点も注意が必要です。

 

仁之助
はがきを送るのが遅くなってしまったら?

 

おそらく応募の締め切りが12月の上旬になると思いますので、

12月に入ってからはがきを出す際には『速達』で送ることもおすすめします。

 

実際に届いたか心配になってしまう方は『特定記録』で送るといいと思いますよ。

 

料金が上がってしまいますが、あて先に届いたかどうかを

追跡番号で確認することができるのでおすすめです。

 

その他、気象状況や交通の状況で届くのが遅れてしまう場合がありますので、

一番の最善策は『応募が開始したら速攻ではがきを送る』というのがいいと思います(*'ω'*)

 

スポンサーリンク

 

観覧募集をファンクラブで募集する

 

観覧募集をはがきではなく、ファンクラブから応募する場合についてです。

 

こちらは、応援するファンの『ファンクラブ公式HPに事前に予告される』ので、

こまめに確認することが必要です。

 

仁之助
はがき書かなくていいから楽そうだね

 

一般的にはファンクラブに入会するときに住所などを登録する場合が多いので、

住所や氏名などを入力しなくても良いなんてこともあるかもしれませんね。

 

一つ注意点があるのですが、もし住所を登録しているのであればもう一度

正しい住所なのかを確認するのがいいですね。

 

引っ越しで住所を変更して、登録情報は前の住所のままだと当選していても

チケットが来ない!なんてことになる場合もあります。

 

それと必要な入力事項についてですが、それぞれのアーティストのファンクラブで

ご確認することをおすすめします!

 

当選する倍率はどれくらいなの?

 

スーパーライブの当選確率はどれくらいなのでしょうか?

 

毎年の開催地である『幕張メッセ』の収容人数は最大で9000名となっていました。

 

仁之助
9000人しか入れないんだ!

 

そうなんですよ!

 

観覧応募してくる人は全国各地からくると思ます。

 

仁之助
かなり多いだろうね…

 

倍率についてあくまで予想になってしまうのですが、

最低でも200~300ほどになってしまうのだと思います。

 

当選する確率にすると絶望的な数字です。

 

仁之助
受かる気がしないね

 

そこで、少しでも当選の確率を上げるためのテクニックを紹介します。

 

当選確率を上げる方法3選!

 

倍率がとんでもないことになるステスーパーライブの観覧募集。

 

そこで少しでも当選の確率を上げるテクニックを紹介します!

 

仁之助
気になる!

 

それでは、当選確率を上げる方法を3つご紹介しますね(*'ω'*)

 

まず1つ目が『はがきとファンクラブの両方で応募』です!

 

はがきでの応募は1人1枚のみとなっているんです。

 

そこで、ファンクラブからの応募もあわせて行うと単純計算で

当選確率が2倍になるわけです。

 

仁之助
はがきでの応募は1人1枚なんだね

 

そうなんですよ!

 

はがきには1枚という制限があるので、ファンクラブからあわせて応募すること

が当選確率を上げるテクニックの一つでもあります。

 

そして2つ目が『はがきでの応募は必要事項を見やすく書く』です!

 

これは当たり前かもしれませんが、重要なポイントになります。

 

仁之助
ゴチャゴチャしてるはがきは見づらいし、アピールしすぎてなんか嫌だな…

 

行き過ぎたデコレーションなんかは、必要事項が見にくくなってしまう可能性があり、

最悪の場合は『当選の確率を落としてしまう』なんてこともあるかもしれません。

 

仁之助
じゃあ必要事項だけチャチャっと書いて送ればいいの?

 

『あくまでも丁寧に』という事を意識して書けば問題はないと思いますよ!

 

でも、達筆すぎて解読できないなんてこともあるかもしれませんので

習字のつなげ字のように書くのはおすすめしないかもです(笑)

 

最後の3つ目は『応援するアーティストではなく出演するアーティストを書く』です!

 

これはそうしたほうが良いという情報なのですが、考えてみると出演しないアーティスト

を応援していると書いても『出演しているアーティストを応援しているこの人を選ぼう!』

となって自分以外の人が選ばれる場合もあるかもしれません。

 

仁之助
ホントに見たい人を選ぶかもしれないしね

 

実際に当選者をえらぶ人たちがこういったことを考慮しているのかは不明なのですが、

頭の隅っこにでも置いていただければと思います。

 

以上当選確率を上げる3つの方法でした。

 

これらを活用していただき、ぜひあなたが当選するといいですね!

 

Mステスーパーライブ2017観覧募集についてのまとめ!

 

今回は、Mステスーパーライブ2017の観覧募集について調査していきました!

 

応募に関しては必要事項を記入しなければならず、面倒な部分もあるのですが

様々なアーティストが出演するライブを生で見ることができる機会ですので

応募してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

記事下広告

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-気になる時事ネタ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.