郵便配達

郵便配達が雨の日に遅れる理由とは?その原因を元配達員が暴露します!

投稿日:

Pocket

 

雨の日には、郵便配達がいつもより遅いことが多いですよね。

いつもの時間に届かなくて、困った経験がある人もいると思います。

なので、雨の日に郵便配達が遅れる理由や原因を元郵便配達員が暴露したいと思います!!

スポンサーリンク

 

雨の日に郵便配達が遅れる理由や原因

雨の日には、郵便が届くまで1時間~2時間遅れてしまう事があると思います。

これは、とある理由からいつもより遅くなってしまうんですよ。。。

その理由や原因を元配達員の経験から、簡単にまとめてみました。

  • 濡らさないようにしているから
  • いつもより配達効率が下がるから
  • バイクの運転に神経を使うから
  • 雨が止むのを待っている...

では、それぞれについて解説させていただきます!

 

濡らさないようにしている

 

まず、郵便配達員が配っている郵便というのは重要な書類が多いです。

例え雨が降っているから濡れても仕方がないよね?という事にはなりません。

なので、多くの場合はジップロックなどの透明な袋に入れて配達をしています。

 

また、軍手やグローブをしていても必ず濡れてしまいます。

カッパ(雨具)やヘルメットにも大量の雨が付いて、しずくがどんどん垂れてきてしまうんです。

そんな状況で、郵便物を濡らさないで配達するのは至難の業になります(^^;

 

ちなみに、僕の場合は軍手やジップロックなどの袋は経費で用意してくれませんでした。

ただでさえ少ない給料なのに自腹で用意しなきゃいけないのかよ!なんて思ったこともあります(笑)

もちろん、そうでない場合もありますのであしからず。

 

いつもより配達効率が下がる

郵便を濡らさないようにするのもそうですが、雨具を着たり長靴を履くと配達効率が落ちます。

晴れている日にはスニーカーや運動靴で配達しているのに、雨の日にはまるで重りのような長靴を履かないといけないんですよね。

※僕は靴が重いのは嫌いなので、ずぶ濡れになろうがスニーカーで配達していました(笑)

 

さらに、雨具を着ることでバイクの乗り降りや、携帯端末の取り出しなどに時間がかかります。

要は、一軒ごとにかかる時間が増えるので、ちりも積もれば方式でかなりのロスになるんです。

 

定形外郵便も濡らさないようにファイルにいれたり、タオルをかけて持っていくこともありました。

そういう時に限って不在という事が多くて、そのおかげで精神的に強くなれました(笑)

もちろん、不在なのが悪いと言っているわけではありませんので誤解の無いようお願いしますね。

 

ちなみに、家にいない場合が多い時は「指定場所配達」というサービスも使えます。

細かい規約がありますが、受取人が家にいなくても勝手に置いていってくれるサービスです。

こちらのURLから、依頼書(申請用紙)をダウンロードできますよ!⇒日本郵便公式ホームページ

 

書き方や詳しい詳細が知りたい人は、お近くの郵便局に問い合わせてみることをオススメします。

不在がちで物置や車庫などをお持ちの方は、利用してみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

バイクの運転に神経を使う

雨の日のバイクは運転するのに神経を使うので、慣れていても正直に言って怖い場面があります。

普段バイクに乗っているライダーさんなら分かるかもしれませんが、濡れている道路の白線や黄色い線を走るとスリップすることがあるんです。

そして一番怖いのが「マンホール」や「線路」に「排水溝の網」といった金属部分。

 

金属の部分に対してタイヤが直角になるように進めば問題ありませんが、斜めに入ってしまった場合は最悪スリップ(転倒)してしまいます。

そうすると、持っている郵便を道路にまき散らしてしまう事になります。。。

 

それに最悪の場合、後続車や対向車線の車に追突されて天に召されることだってあり得ますよね。

そうならないように、普段より慎重に配達しているから遅くなってしまうんです。

 

雨が止むのを待っている...

 

これはちょっと驚くかもしれませんが、雨が止むのを待っているときもあります。。。

もちろん一部の郵便局ではという話で、どこでもそうしているという訳ではありません。

僕が働いていた郵便局は田舎でしたから、ローカルルールみたいなものがありました。

ちなみに、僕は早く帰りたかったので、雨が止むのを待つことはありませんでした(笑)

 

とはいっても、郵便を濡らさないようにする&自己防衛ための対応のようです。

きちんと天気予報を見て「〇時に雨が止むから、他の作業をやろう」と考える人がそうしていました。

でも、そういう人に限って配達がめちゃくちゃ早くて、ベテランの人が多かったです。

 

まとめ

今回は、郵便配達が雨の日に遅れる理由を元郵便局員の僕が暴露させていただきました。

郵便が遅れる理由や原因を簡単にまとめてみるとこうなります。

  • 濡らさないようにしているから
  • いつもより配達効率が下がるから
  • バイクの運転に神経を使うから 
  • 雨が止むのを待っているときもある

 

一番の理由としては「郵便物を濡らさないようにしている」事ですね。

お客様の重要な郵便物を濡らさないように、必死に守りながら配達しているから遅くなります。

郵便局を辞めてしまった僕が言うのもなんですが、温かく見守ってあげてください(笑)

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-郵便配達
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.