気になる時事ネタ

鬼界カルデラが噴火したら被害はどれくらい?地震や津波の規模は?

投稿日:2018年2月10日 更新日:

Pocket

鹿児島県の薩摩半島沖にある海底火山「鬼界カルデラ」の活動が活発になっているようですね。

約7300年前にも噴火して、九州南部の縄文文化を飲み込んでしまったこともあるそうです…。これがもしまた噴火してしまったら、被害や影響はどれくらいになるのでしょうか?

また、地震の規模や津波の影響もどれくらいになるのか調査してみました!

スポンサーリンク

 

鬼界カルデラが噴火したら被害はどれくらいになるの?

現在、火山活動が確認されている鬼界カルデラが噴火した場合、約1億人の被害が出ることが予想されています

今から約7300年前に鬼界カルデラが噴火した時には、海底からマグマが湧き出てきて、火砕流が薩摩半島まで到達したとされています。

そして、噴火と火砕流の影響で大きな津波が起きてしまい、周辺の縄文文化が壊滅に追いやられてしまいました。

当然火山灰もでるわけですが、数十cmも積みあがってしまったという記録もあるそうですよ。

鬼界カルデラの規模は大きく、津波や火山灰による被害の範囲も広くなってしまいます。被害が予想される地域の画像を↓に貼っておきましたので、参考にしてみてください。

 

 

鬼界カルデラ噴火によっておこる地震の規模や津波の影響は?

鬼界カルデラが噴火した際に起きる地震や津波の影響は、どれくらいなのでしょうか?

残念ながら現時点では火山活動が続いている最中ですので、自身や津波による詳細な影響というのは公表されていませんでした。

過去に噴火した際のマグニチュードは8.1以上とされていて、東日本大震災のマグニチュード9.0と比べてみてもかなり大きな揺れが起きたと思われます。

津波のについても、地震そのものと破局噴火によるものが合わさって、場合によってが東北地方太平洋沖地震の津波よりも被害の規模というのは大きくなってしまう可能性もあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

鬼界カルデラはいつ噴火するの?破局噴火する時期は?

鬼界カルデラがいつ噴火するのかについてですが、現在は分かっていません。

自然活動でしかも海底にあるという事もあり、いつどのようなきっかけで噴火してしまうのか噴火時期を予測するのは難しいようですね…。

とはいっても、九州や沖縄の人たちには命が危険にさらされる可能性がありますよね。いつ噴火するのか分からないままではかなり不安になってしまうのではないかと思います。

最新の情報を知りたい場合は、神戸大学の研究チームや気象庁の発表を待つしかないようです。

いつ噴火してもいいように、日ごろから火山情報をチェックしたり、万が一の時のために防災グッズも用意しておくことが重要ですね。

水や食料も重要ですが、夜暗い中で非難ができるように、ライトの準備も必須です。

【あす楽】 LED懐中電灯 最強クラス 充電式 防水 強力 防災 フラッシュライト LEDライト【FL-026】【電池・充電器セット】

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-気になる時事ネタ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.