法事

法事に着る女性の服装ってみんな悩んでる?夏や冬にも注意点が!

投稿日:

Pocket

みなさんは法事の服装について、お悩みはありませんか。「法事に始めて行くけど、どうしよう」と、知人女性が服装に悩んでいると聞きました。故人の親族の前で、一人カン違いな服装をしては、笑われるどころか失礼に当たりますからね。

服装だけでなく、女性の持ち物で何気なく身に付けたものが、「法事にはNG」だったりしたら怖いですよね。しかも地方によってとか、お家によって考え方も様々なようで、どれが正解なのか、難しいところです。

大勢の人の前で、後ろ指なんか指されたくないので、まずは基本的な所から常識を知っておこうと思い、しっかり法事の服装について調べてみました。

ぴよ汰
記事内では、最後までお付き合いよろしくね~♪
スポンサーリンク
  こちら↓の目次から知りたい情報をすぐに見ることができますよ!

法事はどのくらいあるの?

故人の冥福を祈る儀式のことを法事や法要といいます。四十九日までは7日ごとに行い、それ以降は年忌法要として、一周忌から3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌と続いていきます。

ぴよ汰
年忌法要は“3”と“7”のつく数字なんですね

3回忌以降の、○回忌というのは、お亡くなりになられてからの年数に1を加えた呼び方をします。これは、昔ながらの数え方で数え年で数えていた事が由来となります。

初七日と四十九日は友人や知人も参列して行いますが、それ以外の法事は遺族のみで執り行われることが多いようです。

四十九日法要の服装

大きな節目の法事である四十九日は、友人知人も参列して盛大に行う場合もありますが、地域やお家によっては、親族のみで行う場合など、違いもあるようです。

服装は葬儀と同じく、一般的には喪服を着用する場合が多いです。

和装の場合

故人と濃い親族の女性は、和装にすべきというお家も多いかと思います。染め抜きの五つ紋の黒無地の着物である黒喪服を着用します。帯揚げ、帯締めも黒で帯も黒無地のものが多いです。

又、紋の種類はというと、女性は実家の家紋を付けるという地域もあり、和装喪服の場合は地域による文化の違いが出やすい装いとなります。

それぞれの常識の違いがあるので、嫁ぎ先の家族や親戚の方などに、確認してみることが大事ですね。

帯にも違いがありました。正装の帯といえば、本来は袋帯と呼ばれる帯です。

ですが袋帯を簡略化した名古屋帯というものがあり、本来正装には向かないのですがが、地域によっては「袋帯よりも簡単に閉められるから」という理由で、名古屋帯でもOKなとこもあるようです。

襦袢と半襟、足袋は白で、草履は布製の黒です。とにかく法事では、光沢のあるものは避けるのが基本ですので、帯留めや髪飾り、アクセサリーなどは避けましょう。

洋装の場合

いわゆるブラックフォーマル(礼服)と呼ばれ、色は必ず黒で、光沢感のない素材で無地のスーツ、シンプルなワンピースやアンサンブルが基本です。

派手な装飾がなく、体のラインが出ないものを選び、露出が少ないえり元のつまったモノで、とにかくシンプルなデザインを選んで下さい。

スーツを着用する場合、ブラウスも黒いものを着ましょう。色柄もそうですが、白いものもNGなんです。襟があるブラウスを選んで、露出を避けましょう。

地肌は極力見せないようにするのが一般的なマナーです。

ぴよ汰
足元は黒ストッキングのみですって。肌色を履いてもダメで、ましてや生足なんて絶対ダメですよ。

女性だからこそ、服のサイズにゆとりを!

女性(特に既婚女性)の場合は、この他にも重要なことがあります。

それは、動きやすい服装が求められているということです。

葬儀の時にもそうですが、親戚が集まる場所ですから、女性の場合、「気の利く嫁」として、テキパキ動ける嫁の姿を、皆さんは注目しているんです。

ぴよ汰
後から、親戚に「あの嫁は…」なんて後ろ指さされたら、その先顔を合わせる度に何か言われそう~。

嫁だけとは限りません。女性といえば、会食時にお料理やお酌にまわったり、手土産(法事の引き出物)をお渡しする手伝いにと、とにかく動き回る必要があると、思っておいたほうがいいですね。

こういう考え方は古い慣習のある家、地方の嫁に多く、親が地方出身の嫁などの場合は注意した方が良いでしょう。知らなかったとして大目に見てくれるどころか、容赦なく「常識のない人」と非難されますからね。

ですから、喪服を選ぶ時に、スーツやアンサンブルの場合でも、サイズがきつくないものがおすすめです。そして、タイトスカートよりもフレアスカートのようなゆったりしたデザインが良いでしょう。

会場を使う場合はそこまで動くことはないでしょうが、自宅などで会食を行う場合は、特に注意が必要です。

そこで女性の必須アイテムを登場させましょう。エプロン(黒)か割烹着(白)を身につけていると「やる気がある嫁」だと見られるので、準備しておきたいものですね。

ぴよ汰
ただし、お酌をする際はエプロンや割烹着を外さないと相手に失礼なんですって。いろいろ覚えておかなくてはならないことばかりですね。

以上が喪服の服装ですが、案内状に「平服で」などの指定があった場合には、喪服以外の黒などダークな色の華美ではない服装で参列される場合もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

夏の服装は、半袖でもいいの?

喪服の概念に季節はありませんから、夏でも長袖か、肘が隠れるくらいの袖丈があるものが好ましいとされています。

ぴよ汰
それでも昨今の暑さは尋常ではないですよね。長袖なんか来てたら、熱中症になりそう

法事の始まるまでの待ち時間や、法事が終わった後の会食(お斎)の時間には、半袖でも大丈夫です。

施主への挨拶の時や、お坊さんの読経の際には、肌の露出は良くないとされていますので、必要なときにすぐに羽織れるように、アンサンブルなど揃いの上着を用意しておけば、マナー違反にならずに慌てずに対処ができます。

袖の長さが、肘が隠れる長さ(7分袖)だと、上着を着なくてもよいとされる場合もあるそうですが、地方やお家によりけりなので、確認を入れるか、心配が残るのであれば、念のため長袖の上着の持参をおすすめします。

 

寒い冬!コートは?ブーツはどうなの?

コートは着てもいい?

コートは皮や毛皮のものを避けましょう。理由は、殺生をイメージするためNGとされています。

しかし、コートにそれ以外には細かいマナーはありません。ビビッドカラーなど派手な色でなければ、黒以外のものでもよいとされていますが、一般的には黒のウールコートが良さそうですね。

もちろんビジューなど、光る装飾が付いていないかは注意してください。

また、コートを着用して行った場合には、会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で法事が営まれる場合には、玄関に入る前に脱ぎます。

ブーツはNG?

毛皮や皮革製のコートやジャケットの着用はブーツは本来のマナー上はNGです。

ただし、豪雪地帯など地域によっては防寒用にブーツでもよいとされる場合があります。但し、本来は履き替え用の黒い靴を持参し、会場に付く直前に履き替えるのが良いと思います。

事前に施主やそこの地域のマナーを聞くことができる人がいれば、確認してみるのが一番ですね。

冬の足元は?

冬はストッキングだと寒いですが、基本的にはタイツはカジュアル着になるので、タイツはNGです。防寒をしたいのであれば、黒のストッキングを重ね履きする方法もありました。

ですが最近のタイツでしたら、30デニール未満(30デニールは含まれません)のものもありますよね。目安は少し透けるものと覚えておくといいと思います。豪雪地帯など地域によってはタイツでもよいとされる場合もありますからね。

ぴよ汰
誰ですか?ちょっと太めな私なら30デニールでも透けて見える…なんて言ってるのは

冬場の防寒対策としては、防寒インナーや貼るカイロなど、見えない部分での工夫は必須ですね。

寒さが厳しい地域によっては着用OKとされるところもあるので、ぜひ確認した方が良いですね。

三回忌までは喪服を着用するのが一般的ですが…

亡くなってから満一年で行われるのが一周忌で、亡くなってから満二年で行われるのが三回忌です。この三回忌までは、親族以外にも友人や知人など生前親しかった人達も、法事に招くことがあります。

三回忌の場合、喪主もお葬式とほぼ同じようなマナーを守っていれば、まず間違いはありません。三回忌といえば、故人が亡くなって2年足らずなので、遺族にとってもまだ喪の雰囲気が完全に抜けきらない時期に当たるからです。

そのような理由で、三回忌に参列者が平服で臨むのは一般的ではなく、正式なマナーに則って喪服で出席する方が多いのが現状だそうです。

ですから、三回忌の服装について、「平服でお越しください」といった案内を受け取っても、安易に「平服」でいいんだという考えはちょっと待ってくださいね。

社交辞令の1つとしてこういったメッセージを加える喪主もいますが、いざ年長者の多い親族の中で、行ってみれば喪服だったというケースもみられるのです。ですから参列する方同士で相談されるのをおすすめします。

ぴよ汰
そうそう何と言っても年長者の教えに沿うのが、一番ですからね

 

それでも、気心の知れた家族や身内だけで、法事を執り行う場合には「平服」にしようと、喪主も正式な喪服を身につけないこともあり、家族内で取り決める場合が増えてきました。

実際、3回忌でも身内だけが集まる場合には、参列者全員が平服を着ていることもあるようで、案内の通りに平服で出向いても問題ない場合もあるので、やはり確認が大事ですね。

「平服」のイメージは「略喪服」

平服でとあると、「普段着?」と解釈してしまいそうですが、法事などの場合は【略喪服】をさしているとイメージして下さい。

女性服装の場合、光沢のない無地の黒のスーツやワンピースのような、ブラックフォーマル(礼服)が良いでしょう。

スカートの長さはひざ丈です。短すぎるものは避けたほうがベターです。

「略喪服」をイメージしましょう

  • 地味目な落ち着いた色(黒、ダークグレー)を選ぶ
  • 露出が少ない服を選ぶ
  • 柄は目立たないものに留める

ビジネス用の黒いスーツを代用される方もいらっしゃいますが、光沢のあるものは必ず避けましょう。レースなどの透け感のある素材や、ベルベットなど光沢のある素材は黒であってもNGです。

チェック柄や小花柄など、柄はあっても大丈夫なようですが、遠目には無地に見えるような小さな柄のものを選んでください。

ブラックフォーマル(礼服)以外のダークカラーのスーツを着用する時は、意外な所に装飾が施されているのですが、そういったオシャレは厳禁ですから、細部まで確認しておかないと、恥をかいてしまいます。

ぴよ汰
細かいところまで気を遣う必要があるので、ブラックフォーマルを着用した方が、賢明かも知れませんね。

基本的にこの法事の服装で女性のパンツスーツは好ましくなく、一般的に避けた方が無難です。特に自分の親族・身内以外の法事で「三回忌まで」はNGと考えた方がいいでしょう。

 

靴はどうする?ブーツはNG?

服装が決まると、次は合わせる靴が気にかかりますよね。

法事に避けたい靴

  • ブーツ
  • サンダル
  • 踵のないフラットな靴

どんな服装にも合わせやすいブーツが増えてきましたが、法要の席にに限らず冠婚葬祭や改まった場所でのブーツは、全般的にNGです。

ブーツ自体が本来、働く場面で着用されてきたものなので、いくらオシャレなブーツでも、カジュアル過ぎるというのがその理由になりますので、「平服で」でもNGは変わらないです。

パンプスも色々ありますよね。ストラップだけで踵のないバックストラップタイプのモノだけでなく、オープントゥやサイドオープンになっているものなど、足元が露出をしているものは、控えた方がいいです。

ぴよ汰
踵のないフラットな靴も、カジュアルに見られてしまうのは、サンダルに見えてしまうからですね。

スニーカーやスポーツシューズ系は履き替え用に持つのはOK

女性の靴の場合は特に、凸凹のある場所を歩くのには、支障が出ますよね。お墓の場所まで歩く必要がある時には、その為にという理由なら、履き替えとして持って行くだけにして下さい。

靴も葬儀の時ほど厳密なNGではありませんが、やはりカジュアル過ぎる印象はさけるべきでしょう。

では、どんな靴を選べば良いのでしょうか?

法事に好ましい靴は色が地味目のパンプス

色が地味目のパンプスなどが一番向いています。

金具やストラップについては、葬儀ではないので大目にみて頂けるようではありますが、あまりに大きな金具や、脱ぎ履きに不便なストラップは控えた方が賢明です。

ぴよ汰
ヒールの高すぎないものも良いでしょうね。ファッションショーでは、ありませんから。

髪型について

派手な髪飾りなどは避け、つけるのであればだけです。控えめなヘアスタイルを心がけましょう。

その他小物について

ハンカチは、プレーンな白がおすすめですが、なければ紺、グレーなどでもOKです。素材については、光沢があるものやタオル地のものも避けたほうが良いでしょう。

忘れてはいけないのが、スマホでしょう。突然着信があり、バックから取り出したスマホケースがいつものまま派手だったら、ひんしゅくを買いそうですよね。

ぴよ汰
スマホが鳴っただけでも、注目の的ですよ。サイレントにするだけじゃなく、ケースが派手だったら外しておいたほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

 

七回忌以降は平服を着用がほとんど!

亡くなってから満六年で行われるのが七回忌です。

七回忌以降は、「平服でお越しください」と言われる事も多くなってきます。7回忌以降は身内だけで行うことがほとんどになり、準備がしやすい服装を、優先したいですよね。

「平服って普段着でもいいの?」と思われる方もいらっしゃいますよね。しかし、平服と言ってもデニムや色物のカジュアルな服装の事ではないんです。

ぴよ汰
普段着で行ったら大恥をかいてしまいますよ。しまったと思っても帰れないから辛すぎます

平服には、黒ではなく紺色やグレーの地味めな色の服装をすることで、「年月と共に悲しみを薄くする」という意味も込められているようです。

しかし地域によっては法事の服装にとても厳しいこともあるので、迷った場合は相談するのがおすすめです。

パンツスーツを着てもOK?

スーツにはスカート以外にパンツスーツもありますが、パンツスーツは喪服の中でも「略喪服」に該当しますから「平服で…」と言われた法事の場合には着用して参加することは問題ありません。

そもそも、法事は親族・身内が準備する事が多く、料理を運んだり、参列者に何かと振舞ったりとバタバタすることが多いので、動きやすいようにパンツスーツを良しとする考えもあります。

ぴよ汰
立ったり座ったりするのに、パンツスーツは動きやすいですよね。参列者の方々のお世話をする役目の人は、ぜひ利用したいですよね。

又、小さなお子様がいらっしゃったり、ご高齢でスカートやワンピースが着づらい方などにも、パンツスーツは認められることもあります。また、寒い地方にお住まいの方も、地域の慣習によってはパンツスーツの着用が許されます。

パンツスーツを着用する際も、光沢のある素材はNGですから、光沢のない無地のものを選びましょう。

しかし、注意したいのが地域の慣習やご遺族の考え方です。

一般的には許されても、お家によって考え方がいろいろあるので、パンツスーツの着用を迷われている方は、ご遺族やご親戚にご相談することをオススメします。

13回忌でもまだ迷う服装?迷う基準は法事の規模!

故人が亡くなって満12年目の命日前後に行うのが13回忌です。親族のみで行うことも多く、多少ラフな服装でも大丈夫な…場合も多いと思われます。

7回忌の法事ですでに、平服の着用が一般的には認められているように、13回忌の法事も略喪服をイメージした、平服の着用が多いです。

ぴよ汰
13回忌を節目として、13回忌の捉え方がお家によって違いが生まれ、規模が変わりつつあるようです。

13回忌の次は、本来は17回忌を行う事となります。ところが近年の高齢化や、核家族化など、いろいろな事情もあることから、13回忌を節目として、その後の法事を省略する場合も多くなりました。

この節目にあたる13回忌をもって年忌法要(法事)を最後として扱う「弔い上げ」する家庭が増えました。

その為、13回忌の法事は「弔い上げだけはきちんとした喪服にすべき」の考え方もあったり、特別豪勢にされる場合もあるようです。

反対に、「故人を知っている人が少なくなった」ので、13回忌の法事は小規模の集まりで簡素にされる場合も少なくないと聞きました。

弔い上げをどの年まで行うのかとか、法事の服装についての考え方も実に様々です。ですが、どの方法が正しいとか正しくないという問題でなく、結局はその家の考え方次第でした。

まとめ

  • 四十九日法要は喪服の着用が一般的で、女性の親族には和装の着用も多い
  • 3回忌の法事は一般的には喪服が多いが、平服を着用されるお家もある
  • 7回忌の法事では、一般的な服装は、平服が多くなる
  • 13回忌以降も本来は法事が続くものだが、いろいろな事情から弔い上げとして、おしまいにするお家も増えてきた
  • 弔い上げを豪勢にするのか、簡素にするのかで、服装が変わるので注意が必要

法事の一般的な服装を調べてみましたが、実に多くの考えがある事が印象的でした。

故人を偲んで行われる法事ですので、故人の親族に嫌な印象を与えたくはありませんよね。女性にとっては特に気を遣う場である事が浮き彫りですね。

一人だけ浮いた服装にならないように、出来るだけ相談していこうと思いました。

スポンサーリンク
  記事をご覧いただきありがとうございました。
ぴよ汰
ありがとうございました~!
  最後になりますが、ご覧になっていると気になることがあるかもしれません。 その時は、当ブログへお気軽にコメント欄やお問い合わせフォームからご連絡ください!
ぴよ汰
どんどんご連絡くださ~い!!
頂いた内容は僕が独自に調査して記事にまとめてお届けさせていただきます(^^)/  
ぴよ汰
下にある記事もおすすめだから読んでいってね~☆
当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-法事

Copyright© Near One , 2019 All Rights Reserved.