ドラマ

ハロー張りネズミのロケ地は下赤塚?神奈川や群馬県でも撮影!?

更新日:

Pocket

2017年7月夜10時(日付)から放送開始の栄太さんと深田恭子さん出演の金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」

今回は気になるロケ地ついて調べてみました。

スポンサーリンク

ハロー張りネズミのロケ地はどこ?

ハロー張りネズミの撮影が行われているという情報は現在多数あり、東京都の板橋区の下赤塚駅周辺と練馬区や品川区、神奈川県の大磯町、群馬県の桐生市がロケ地になっているようです。

東京都、神奈川県、群馬県と幅広く撮影が行われているようなので、もしかしたらあなたの街でハロー張りネズミの撮影が行われているかもしれません!

まずはこれらの情報の信ぴょう性を確かめていきましょう。

ロケ地が下赤塚という情報

まずは東京都の下赤塚についてです。
なぜ下赤塚なのかというと、実は原作となる漫画があってその舞台となるのが下赤塚なのです!

ちなみに原作は弘兼憲史(ひろかね けんし)さんの作品で人気漫画です。
また、以前にも唐沢寿明さん主演の実写映画や、緒方直人さん主演でのスペシャルドラマが放送されています。
なんと、台湾でもドラマ化がされているそうです!

こんなツイッターやSNSに投稿されていました。

赤塚でドラマ?撮影してて瑛太と森田剛と山口智子がいた。 あかつか探偵事務所?

下赤塚の商店街を散歩していたら、いい感じの古いビルに「赤塚探偵事務所」という看板があって、もしやと調べてみたら、『ハロー張りネズミ』はそのビルにセット組んで撮影しているらしい。スタジオ撮影じゃないとか最高だ。瑛太や深田恭子や森田剛が赤塚にいるのかと思うとドキドキする。

そして、ロケ地が原作に合わせて下赤塚の北側にある商店街で行われているという情報が多数上がっています。

看板が上がっていたとは、もうここで間違いはないでしょう!
原作と設定を合わせたということなんですね。

練馬区の丸一急送や品川区の鮫洲運動公園での目撃情報も多数投稿されていました。

ロケ地が群馬県桐生市という情報

次は、ロケ情報がある群馬県桐生市についてです。
群馬県桐生市の観光の定番になっているという「矢野園」がロケ地になったのではないかという情報があります。

この矢野園ですが、なんと大正5年(1915年)に建てられた店舗で、さまざまなお茶が楽しめます。

大正時代の建物で、瑛太さんらが繰り広げる演技にも注目です!

矢野園、さらに群馬県がこれを機に、活性化するといいですね。

ロケ地が神奈川県大磯町という情報

続いては、ロケ情報がある神奈川県大磯町についてです。

大磯町の教会で撮影されたという情報があるのですが、その協会がどこの教会なのかまではわかりませんでした…

キリスト教、カトリック教、天理教の教会が合わせて6つもあるのでこれは放送時にわかりしだい追記していきます!

[ad#co-1]

まとめ

ドラマ「ハロー張りネズミ」の舞台は、原作と同じ東京都下赤塚。
群馬県の桐生市や神奈川県の大磯町でも撮影されていたことがわかっています。

これから放送されますが、詳しいことがわかりしだい追記や新しく記事を書いていきますのでよろしければご覧ください。

ありがとうございました。

追記:7月14日夜10時から放送が決定しました。

Sponsored Link

-ドラマ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.