バイク

【保存版】バイクの洗車時に水で濡らしてはいけない場所はココ!

投稿日:

Pocket

 

自慢の愛車が汚れてしまった時は誰でも洗車をしますよね!

とくに大事にしているバイクは壊したくないから、水をかけてはいけない場所も知っておくべきです。

なので今回は、洗車をするときに水をかけてはいけない&濡らしてはいけない場所を簡単に紹介していますのでご覧ください!

スポンサーリンク

 

バイクの洗車時に水をかけてはいけない場所

まず、改造をしていないノーマルのバイクだと上から水をかける分には問題はありません。

基本的にバイクは雨の時も想定して設計されているのでこのようなことが言えます。

ですが、それでも水をかけてはいけない場所や部分がありますのでご紹介していきますね。

 

フレーム内部にあるエンジン周りの部分

エンジン回りというのは、見るからに水をかけてはいけなさそうな場所ですよね(^^;

先ほどご説明させていただきましたが、バイクは雨の日も想定して設計されています。

しかし、洗車する際にはエンジン周りの部分に横(側面)から水をかけるとことが多いです。

実は横から水がかかっても良いように対策されている部分は少ないんですよね。

 

特に古いバイクになると、キャブレターに水がかかってしまう。

FCRやCRなどをファンネルをつけて使用しているバイクはエンジン内部に水が入ってしまう可能性だってあります。

旧車と言われるバイクに乗っている方は特に気をつけたい部分ですね。

スポンサーリンク

 

マフラー(エキゾーストパイプ等)の中に水を入れる

マフラーに水をかけて洗う時もあります。

その際に、排気口へ直接水を入れることは絶対にしてはいけません。

なぜかというと、最悪の場合エキゾーストパイプからエンジン内部へ水が入る可能性があるからです。

 

また、カスタムしていてマフラーをカチ上げている場合は要注意です。

洗車をするときもそうですが、雨の日に外へ停めておくだけでもトラブルの原因となります。

オフロードバイクとかでは、洗車するときに排気口にキャップをすることもありますので、使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、バイクの洗車時に水をかけてはいけない場所についてまとめていきました。

記事の内容を簡単にまとめると、

  • エンジンの周り
  • マフラーの内部

に水をかけてしまうとトラブルになる可能性があります。

 

自慢の愛車を長く付き合っていくためにも、やってはいけないことを覚えておきたいですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-バイク
-,

Copyright© Near One , 2019 All Rights Reserved.