バイク

バイクの雪道での走り方は?装備のおすすめや気を付ける点を紹介

投稿日:

Pocket

 

バイクに乗っていると一度はやってみたい雪道・冬道での走行。

僕が住んでいる北海道では、年越しにバイクで宗谷岬まで行く人もいます(^^;

なので今回は、元郵便配達員の僕が冬道でのバイクの走り方をレクチャーさせていただきますね!

※バイクで冬道を走ることは自己責任でお願いします<m(__)m>

スポンサーリンク

 

バイクの冬道(雪上)での走り方と気を付ける点

まずバイクで雪道を走る際に気を付けることというのが、

  • 安易に雪上をバイクで走ろうとしない!!

という事ですね(。-`ω-)

 

元郵便配達員の僕から言わせると、冬道をバイクで走るのは自〇行為です(笑)

万が一、スリップしてしまったら後続車に追突されてお陀仏になる可能性もあるんです。

というか、僕が郵便局で働いていた時には何度もありました(^^;

 

命を失う確率が高くなるというのは、ぜひ頭に入れておいてください。

では様々なデメリットを理解したうえで、冬道の走り方をお伝えしていきますね。

※冬道をバイクで走るのは自己責任ですので、当方は一切責任を負いません。

 

アクセル(スロットル操作)はジワジワ行う

アスファルトがむき出しの季節のようなアクセルワークを行うと痛い目を見ます。

特に、アイスバーンの上に粉雪が乗っている時は、ガバッとアクセルを空けないでください。

もしやってしまうと、道路の上でスリップ&スピンターンをすることになるでしょう。

 

しかも、転んでしまう時には足で踏ん張っても無理な場合があります。

よほどの反射神経がある人であれば問題ないかもしれませんが、たいていの場合は足が挟まってしまう事が多いです。

それに、転んだ際に肘を強打することもありますので、アクセルワークはシビアに行いましょう。

 

ブレーキ操作は優しくゆっくりと握るのが重要

これも夏や秋のようなブレーキのかけ方をすると、間違いなく転んでしまいます。

なので、春~秋にかけてのブレーキのかけ方よりも優しくゆっくり行ってください。

バイクに乗って冬道の行動を走っていると、転倒=命を失うことにもなるので神経を研ぎ澄ませてブレーキ操作をしなければいけませんね。

 

カーブを曲がるときは、イン側(内側)の足を出す

カーブを曲がるときには、イン側へ足を出しておくことがおすすめです。

オフロードバイクやモタードなどで曲がるときにやっているアノ感じです。

 

というのも、カーブを曲がるには車体をイン側に傾けて曲がりますよね?

そうするとスリップするときには必然的にイン側へと倒れてしまいます。

そうなるのを防ぐためにも、足を出しておきたいところです。

スポンサーリンク

 

絶対にそろえておくべきオススメの装備

ここからは、僕が思う「絶対にそろえておくべきオススメの装備」を紹介していきます。

ライディングジャケットやパンツなどの装備はすでにそろえている前提でお話ししていきますね。

 

グリップヒーター

長時間、冬道でバイクに乗る際にはグリップヒーターが必須です。

普段よりも速度を落として走っていたとしても、徐々に手に力が入らなくなります。

冷たいのを我慢していると取り返しのつかないケガにもなりますので、グリップヒーターは装備しておきたいですね。

 

チェーン(タイラップ・ロープ)等

雪が積もっている道を走るときには、チェーンやロープが必要になる場合があります。

例え冬タイヤに交換していても、ある程度の雪が積もっているとスタックします(^^;

ですので、雪にハマってしまわないためにもチェーンやロープは必須ですね。

※アイスバーン状態の路面ではチェーンは使わないようにしてください。

 

まとめ

今回は、雪道でのバイクの走り方についてご紹介していきました。

記事の内容を簡単にまとめると、

  • アクセルはジワジワと開ける
  • ブレーキは優しくゆっくり握る
  • カーブの時はイン側の足を出しておく

という事に注意して走行してほしいという事でした!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-バイク
-,

Copyright© Near One , 2019 All Rights Reserved.