バイク

バイクのバブ・ザリ・ゴキとは?車種や名前の由来を説明してみた!

投稿日:

Pocket

 

バイクに興味のある人なら「バブ」「ザリ」「ゴキ」といった単語を聞いたことがあると思います。

しかしながら、そう呼ばれているバイクの種類や違いなどを分かっている人は少ないです。

なので今回は、バブ・ザリ・ゴキの車種や違いについて簡単にお話しさせていただきます!

スポンサーリンク

 

バブ・ザリ・ゴキの車種について

ではまず、それぞれの呼び名の車種について明らかにしていきましょう。

  • バブ:CB250 THawk・CB400T HAWKⅡ・CB400Nなど
  • ザリ:GSX250E・GSX400E
  • ゴキ:GSX250E KATANA・GSX400E KATANA

あわせて読みたい>>>バイクの雪道での走り方は?装備のおすすめや気を付ける点を紹介

 

それぞれの名前の由来について

次に、それぞれの名前の由来について見ていきましょう。

ちなみに、バブ・ザリ・ゴキの3種類は全て2気筒(ツイン)です。

※GSX250E KATANA・GSX400E KATANAは初期には2気筒でしたのでご注意ください。

 

まず、バブ(CB250 THawk・CB400T HAWKⅡ・CB400Nなど)の名前の由来についてです。

これは、単に排気音が「バブ」と聞こえるから名前を付けられました。

 

次にザリ(GSX250E・GSX400E)の名前の由来です。

ザリの名前の由来はタンクが赤くてザリガニに似ていることから名づけられました。

 

最後にゴキ(GSX250E KATANA・GSX400E KATANA)について。

これについては、皆さん苦手であろうゴキブリに似ているからそう名付けられました(^^;

ようはバイクの車体の色が黒くて、形も似ているんですよね。

 

なんというか、形が似ているからと言ってゴキブリと名付けるのはどうかと思います(笑)

SUZUKIも「ゴキ」なんてあだ名が付くとは思ってもいなかったのではないでしょうか。

あわせて読みたい>>>【保存版】バイクの洗車時に水で濡らしてはいけない場所はココ!

 

次の章では、バブ・ザリ・ゴキ以外にもあだ名がついたバイクを紹介していきます。

スポンサーリンク

 

その他あだ名がついたバイクを紹介!

では、おまけとして他にあだ名がつたバイクをいくつか紹介していきます。

  • バッタ:GPZ250R
  • カエル:KR250
  • ユメタマ:ZX9R
  • 東京タワー:GSX400X IMPULSE

では、それぞれの名前の由来を簡単に説明していきますね。

 

まずバッタ(GPZ250R)の名前の由来は、そのままでバッタに見えたからです(笑)

次にカエル(KR250)については、排気音がカエルの鳴き声に聞こえたから。

そしてユメタマ(ZX9R)は、ボディーにペイントされたモデル名(ZX9R)がユメタマに見えたからそうあだ名をつけられました。

 

最後に、東京タワー(GSX400X IMPULSE)の名前の由来についてです。

これはフレームのカタチがまるで東京タワーみたいだったからそう名付けられました。

当時はSUZUKIらしい奇抜なデザインで話題を呼んだようですね。

あわせて読みたい>>>バイクのマニュアルとオートマの違い!燃費がいいのはどっち?

 

まとめ

今回は、バイクのバブ・ザリ・ゴキについてご紹介していきました。

バイクに対して付けられるあだ名は「見た目」や「排気音」が由来していることが多いです。

もし聞いたことのないあだ名のバイクがあったら、名前の由来を予想してみるのも面白いですね!

あわせて読みたい>>>バイクは危険だから乗らないという人、それかなりの損ですよwww

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログをご覧いただいた方はを85%以上の確率でコチラ↓の記事も読んでいますよ!!

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-バイク
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.