知識・お役立ち

アフリカマイマイ 寄生虫の潜伏期間は?広東住血線虫の症状について他

投稿日:

Pocket

 

テレビでも何度か取り上げられることがある「アフリカマイマイ」をご存知でしょうか?

多くは沖縄に生息している大型のカタツムリで、広東住血線虫という寄生虫を持っているんです。

今回は、この広東住血線虫の潜伏期間がどれくらいなのかについてお話しさせていただきます!

ぴよ汰
記事内では、寄生虫に感染しないようにする予防法も紹介しているから、最後までお付き合いよろしくね~♪
スポンサーリンク

 

こちら↓の目次から知りたい情報をすぐに見ることができますよ!

アフリカマイマイの寄生虫は潜伏期間がどれくらい?

ぴよ汰
早速だけど、寄生虫の潜伏期間ってどれくらいなのかな?

ヒトの体に入ってから、約2週間の潜伏期間の後に症状がでると言われています。

ぴよ汰
その間はなにか異変とかに気付くことなあるの?

自覚症状があるという研究結果は発表されていません。体内に入ってからすぐに攻撃を始めるわけではないようなので、異変に気付くことは難しいのではないでしょうか。

 

ぴよ汰
アフリカマイマイ以外にも寄生虫を持っているのかな?

ちなみに、アフリカマイマイが持っている寄生虫(広東住血線虫)というのは、主にカタツムリやナメクジを媒介としています。

そして感染した宿主を食べたり、寄生虫が付いた食べ物を体内に入れてしまう事で発症します。

 

ぴよ汰
その寄生虫って、体のどこに悪さをするの?

口から体内に入った寄生虫は、消化器官の壁から血液などの流れに乗って脳や脊髄に集まります。

そこから、脳や脊髄に侵入してしまい重篤な症状が発症するという訳です。

 

それにしても、自分の脳や脊髄に寄生虫が入ってくると考えると寒気がしますね(^^;)

ぴよ汰
目に見えないところだから余計に怖いよねぇ

そういう生態だから仕方がないかもしれませんが、こういう寄生虫はこの世からいなくなってほしいと思うばかりです。

 

この章のまとめ

  • 寄生虫の潜伏期間は約2週間
  • カタツムリ以外にナメクジも媒介している可能性もある
  • 口から体内に入った寄生虫は脳や脊髄に集まる

 

広東住血線虫の症状について

ぴよ汰
広東住血線虫に感染したら、どんな症状がでるの?

まず、広東住血線虫が脳や脊髄に入ってくると、白血球の一種「好酸球」がたくさん増えることで髄膜炎や脳炎が起こってしまうそうです。

そして、好酸球の影響以外としてはこちらの症状が出てくるんだとか。

  • 激しい頭痛
  • 発熱する
  • 昏睡してしまう
  • 神経に異常が出る
  • 顔や身体の麻痺 ...etc
ぴよ汰
なんかめちゃくちゃヤバそうな症状ばっかりじゃん…

ちなみに、今のところ特効薬ができていないので、対症療法を行って自然に治っていくことを待つしか無いそうです。

 

う~ん、やっぱり脳みたいな重要な部分に攻め込まれると大変ですね…。

ぴよ汰
取り除くって訳にもいかないもんね

出来れば早めに特効薬を作ってほしいものです(。-`ω-)

 

この章のまとめ

  • 脳や脊髄に広東住血線虫が入ると、好酸球が増えて脳炎や髄膜炎が起こる
  • 潜伏期間を過ぎると、頭痛、発熱、昏睡、神経異常、顔や体の麻痺などが発症する
スポンサーリンク

 

寄生虫に感染しない一番ベストな予防法

ぴよ汰
それじゃあ、寄生虫に感染しない予防法を教えてほしいな!

まず、当たり前かもしれませんが媒介となるカタツムリなどを食べないことで感染のリスクが圧倒的に低くなります。

そして、外に出た後は手洗いやうがいを徹底して行う事で防ぐこともできるそうですよ。

 

ぴよ汰
手洗いとうがいはインフルエンザの予防と同じだね!

人の手というのは思っているよりも汚くて、片手に約150種類もの雑菌がいると言われています。

寄生虫の感染を防ぐのもそうですが、他の雑菌が体内に入らないように手洗いやうがいを徹底しておかなければいけないなと思ってみたり。

 

この章のまとめ

  • 一番の予防法はカタツムリなどを食べない
  • 手洗いうがいを徹底することで防げる確率が上がる

 

最後に

今回は、アフリカマイマイに寄生している広東住血線虫の潜伏期間についてでした。

ぴよ汰
感染したら特効薬もないから、事前に予防しておくことも大事だったね♪

アフリカマイマイは、特に沖縄県に生息していることが多いので、暖かい地域に住まわれている方は日ごろから手洗いやうがいをすることをオススメします!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ぴよ汰
ありがとうございました~☆

関連コンテンツ

こちらの記事もどうぞ

-知識・お役立ち
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.